花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(153)花子と蓮子の和解 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(153)花子と蓮子の和解

    最新記事一覧

    なつぞら 8週48話 「試験日」あらすじ ネタバレ May 24, 2019
    なつぞら 8週47話 「家族」あらすじ ネタバレ May 23, 2019
    なつぞら 8週46話 「咲太郎の母?」あらすじ ネタバレ May 23, 2019
    なつぞら 8週45話 「クラブ・メランコリー」あらすじ ネタバレ May 20, 2019
    なつぞら 8週44話 「なつ、東京へ」あらすじ ネタバレ May 20, 2019

    朝ドラ「なつぞら」

    平成30年度前期連続テレビ小説「なつぞら」


    第01週/001回~006回/(04月01日~04月/06日)「なつよ、ここが十勝だ」
    第02週/007回~012回/(04月08日~04月/13日)「なつよ、夢の扉を開け」
    第03週/013回~018回/(04月15日~04月/20日)「なつよ、これが青春だ」
    第04週/019回~024回/(04月22日~04月/27日)「なつよ、女優になれ」
    第05週/025回~030回/(04月29日~05月/04日)「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」
    第06週/031回~036回/(05月06日~05月/11日)「なつよ、雪原に愛を叫べ」
    第07週/037回~042回/(05月13日~05月/18日)「なつよ、今が決断のとき」
    第08週/043回~048回/(05月20日~05月/25日)「なつよ、東京には気をつけろ」
    第09週/049回~054回/(05月27日~06月/01日)「なつよ、夢をあきらめるな」
    第10週/055回~060回/(06月03日~06月/08日)「」

    2019(平成31)年4月1日(月)~9月28日(土) 全156回(予定)しています。
    <総合> [月~土]午前8時~8時15分/午後0時45分~1時(再)
    <BSプレミアム>
    [月~土]午前7時30分~7時45分/午後11時30分~11時45分(再)
    [土]午前9時30分~11時(1週間分)
    【ダイジェスト放送】
    「なつぞら一週間」(20分) <総合>[日]午前11時~11時20分
    「5分で『なつぞら』」 <総合>[日]午前5時45分~5時50分/午後5時55分~6時
    ※放送予定は変更される場合があります。最新情報は番組表をご確認ください。

    スポンサード リンク

    花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(153)花子と蓮子の和解

    NHK 朝ドラ 花子とアン 最終週 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第26週 (153) 「曲り角の先に」
    公式サイト

    2014年9月24日(水) 放送予定


    花子とアン 第26週 第153話 あらすじ


    お互い進む道が別々になってしまい、長く連絡が途絶えていた花子と蓮子。

    その長年の確執を越えて、再会を果たし和解すことができました。

    そこで花子は、純平が出征前に訪ねてきて、「母のことを頼みます」と言われたの…

    と蓮子に打ち明けました。

    蓮子は残った家族のためにも早く立ち直らなければいけないと

    思ってはいるのですが、

    息子を無くした悲しみは、そう簡単に癒える訳がなく、

    立ち直るきっかけをつかめないでいました。



    花子は家に戻り、書斎で考えてごとをしています。

    蓮子と同じ様な境遇の母親の為に、何かできることはないかと。

    花子は、「戦争で子どもを失った母親は大勢いるはず」 と思いつき、

    英治に相談したうえで、JOAKの黒沢に電話をかけるのです。

    黒沢は快く応じてくれ、是非やりましょうと蓮子の出演を承諾してくれました。

    早速蓮子に連絡する花子です。


    スポンサード リンク

    蓮子がラジオに出演する日がやってきました。

    JHQの検閲が入り、何箇所か削ることになった原稿ですが、

    蓮子は、思いの丈を全国の我が子を亡くした母たちに伝えたのでした。

    徐々にではありますが、元気を取り戻しつつありました。


    ある日、村岡家では、たくさんの本を囲むように子供たちが本を読んでいました。

    焼けずに残った本がたくさんあるので、ちょうど整理をしないといけないと思っていた花子です。

    そんな時、美里が言いました。

      「ねえ、みんなにご本を貸してあげるのはどう?」

    英治は、「やろうよ!日本で一番小さい子ども図書館!」と言い、

    花子も快く賛成したのでした。



    --1952年(昭和27)1月

    村岡家の庭に建てられた小さな図書館は、歩文庫ライブラリーと名づけられました。

    館長は18歳になった美里、副館長は英治です。

    連日、たくさんの子どもたちで溢れていたのでした。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://doramahusen.com/tb.php/4533-cf07dad4