花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(154)小鳩書房の小泉が来る - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(154)小鳩書房の小泉が来る

    最新記事一覧

    まんぷく 12週69話 「売却」あらすじ ネタバレ Dec 13, 2018
    まんぷく 12週68話 「見せしめ」あらすじ ネタバレ Dec 11, 2018
    まんぷく 12週67話 「絶対何とかなるから!」あらすじ ネタバレ Dec 10, 2018
    まんぷく 11週66話 「福子、妊娠」あらすじ ネタバレ Dec 09, 2018
    まんぷく 11週65話 「大人気ダネイホン」あらすじ ネタバレ Dec 07, 2018

    朝ドラ「まんぷく」

    平成29年度後期連続テレビ小説「まんぷく」
    第01週/001回~006回/(10月01日~10月06日)「結婚はまだまだ先!」
    第02週/007回~012回/(10月08日~10月13日)「…会いません。今は」
    第03週/013回~018回/(10月15日~10月20日)「そんなん絶対ウソ!」
    第04週/019回~024回/(10月22日~10月27日)「私がみつけます!」
    第05週/025回~030回/(10月29日~11月03日)「信じるんです!」
    第06週/031回~036回/(11月05日~11月10日)「お塩を作るんですか!?」
    第07週/037回~042回/(11月12日~11月17日)「私がなんとかします!」
    第08週/043回~048回/(11月19日~11月24日)「新しい冒険!?」
    第09週/049回~054回/(11月26日~12月01日)「違うわ、萬平さん」
    第10週/055回~060回/(12月03日~12月08日)「私は武士の娘の娘!」
    第11週/061回~066回/(12月10日~12月15日)「まんぺい印のダネイホン!」
    第12週/067回~072回/(12月17日~12月22日)「絶対何とかなるから!」

    第13週/073回~077回/(12月24日~12月28日)「」
    第14週/078回~079回/(01月04日~01月05日)「」
    第15週/080回~085回/(01月07日~01月12日)「」
    第16週/086回~091回/(01月14日~01月19日)「」
    第17週/092回~097回/(01月21日~01月26日)「」
    第18週/098回~103回/(01月28日~02月02日)「」
    第19週/104回~109回/(02月04日~02月09日)「」
    第20週/110回~115回/(02月11日~02月16日)「」
    2018年10月01日~2019年03月30日 全151回放送予定

    スポンサード リンク

    花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(154)小鳩書房の小泉が来る

    NHK 朝ドラ 花子とアン 最終週 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第26週 (154) 「曲り角の先に」
    公式サイト

    2014年9月25日(木) 放送予定


    花子とアン 第26週 第154話 あらすじ


    ある日、小鳩書房の小泉が社長の門倉を連れて村岡家を訪れました。

    小泉とは以前、花子が『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』の翻訳原稿を

    出版出来ないかとお願いしに行った面識がある男です。



    日本もようやく復興しはじめ、出版社も軌道に乗りだした次期。

    洋書で売れる翻訳原稿を探していると、花子の噂を聞きつけて来たのです。

    その二人が言うには、まだ日本に紹介されていない新しい物語を出版したいということです。



    花子は美里に無理ではないかと言われながらも、

    手元に残しておいた『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』の原稿をもう一度提示してみます。

    小泉はこの本のことをよく覚えていたようで、今なら可能性があるのではないかと言います。

    すると、社長の門倉は「本当にそんなに面白いの?」と花子たちに尋ねるのです。

    実は、以前手渡されていたとき、原稿を読んでいないと言います。


    スポンサード リンク

    知名度のない作家に手を出すほど、余裕がなかったから、

    タイトルもパッとしない、女の子の日常を描いた作品なんでしょうと、門倉は言います。

    すると、突然、美里は激怒し門倉に詰め寄りました。

      「酷すぎます!読みもしないで断ったなんて許せないわ!

    母は、この原書命がけで翻訳したんです!!」と。

    大切な原稿を差し出すことはないと、翻訳原稿をしまおうとすると、

    花子は、いい加減にしなさいと美里の失礼な態度をお詫びするのでした。

    そして門倉は、これから読むといいます。


    その日夜、村岡家の歩ライブラリー図書館に誰かがいます。

    そっと、部屋を除くと、門倉と小泉がいました。

    読み始めたら止まらなくなったと言います。

    そして門倉は、「自分に腹が立ってしょうがない、

    こんなに面白い物語をなぜ出版しなかったんだ!!」と、興奮しています。


    すぐに出版の準備に取り掛かるといい、出版社に急いで帰っていったのでした。

    ついに、『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』が本になる日がやってきたのでした。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://doramahusen.com/tb.php/4534-9626554f