花子とアン あらすじ ネタバレ 26週 最終回(156)『赤毛のアン』 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 26週 最終回(156)『赤毛のアン』

    最新記事一覧

    半分、青い。13週77話 「愕然とする鈴愛」あらすじ ネタバレ Jun 22, 2018
    半分、青い。13週76話 「律、結婚決まる」あらすじ ネタバレ Jun 21, 2018
    半分、青い。13週75話 「交換条件」あらすじ ネタバレ Jun 20, 2018
    半分、青い。13週74話 「連載打ち切り」あらすじ ネタバレ Jun 19, 2018
    半分、青い。13週73話 「五年ぶりの再会」あらすじ ネタバレ Jun 18, 2018

    朝ドラ「半分、青い。」

    平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」
    第01週/001回~006回/(04月02日~04月/07日)「生まれたい!」
    第02週/007回~012回/(04月09日~04月/14日)「聞きたい!」
    第03週/013回~018回/(04月16日~04月/21日)「恋したい!」
    第04週/019回~024回/(04月23日~04月/28日)「夢見たい!」
    第05週/025回~030回/(04月30日~05月/05日)「東京、行きたい!」
    第06週/031回~036回/(05月07日~05月/12日)「叫びたい!」
    第07週/037回~042回/(05月14日~05月/19日)「謝りたい!」
    第08週/043回~048回/(05月21日~05月/26日)「助けたい!」
    第09週/049回~054回/(05月28日~06月/02日)「会いたい!」
    第10週/055回~060回/(06月04日~06月/09日)「息がしたい!」
    第11週/061回~066回/(06月11日~06月/16日)「デビューしたい!」
    第12週/067回~072回/(06月18日~06月/23日)「結婚したい!」
    第13週/073回~078回/(06月25日~07月/30日)「仕事が欲しい!」

    2018(平成30)年4月2日(月)~9月29日(土) 全156回(予定)しています。

    スポンサード リンク

    花子とアン あらすじ ネタバレ 26週 最終回(156)『赤毛のアン』

    NHK 朝ドラ 花子とアン 最終週 最終回 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第26週 (156) 「曲り角の先に」
    公式サイト

    2014年9月27日(土) 放送予定


    花子とアン 第26週 第156話 最終回 あらすじ


    --1952年(昭和27年)5月10日

    『赤毛のアン』はついに世の中に出版されました。


    朝早くに、村岡家に誰かが訪ねてきました。

    とても久しぶりに顔を会わす宇田川です。

    終戦後、筆を折ったままだった宇田川から、『赤毛のアン』を読んで、

    また書けそうな気がすると、初めてお礼を言われた花子。

    宇田川が立ち 直ってくれたことを心から喜びます。

    『赤毛のアン』は、たちまちベストセラーになりました。


    英治、かよ、醍醐、 朝市、蓮子ら花子の家族や友人たちも、それぞれの場所で大切な人と

    『赤毛のアン』を読み、自分と重なる部分に共感していました。

    多くの人の心に深く響いたのでした。


    スポンサード リンク

    やがて、出版の成功を祝う会が催されることとなります。

    『赤毛のアン』の出版に関わった小鳩書房の方々、

    花子をこれまで支えてくれた皆が出版を喜び会います。

    『赤毛のアン』の続編を出したいと言い出す小鳩書房の門倉。

    英治は、そっと『ANNE of AVONLEA』の原書を花子に差し出すのでした。

    「君が読むのを我慢していた 『ANNE of AVONLEA』、

    今日のお祝いに持ってきたんだけどちょうどよかったね。」と。



    花子はスピーチに遅れ、英治が迎えにきます。

    『赤毛のアン』の物語を自分に重ねあわせ、寄宿舎であった二人の大切な親友、

    蓮子・醍醐を生涯を通して、腹心の友になってくれたと話す花子。

    醍醐は、感激して聞いています。

    13年前にスコット先生と約束した、この本との出会いは運命のようなものだった。

    花子は人生を振り返り、曲がり角がいくつもあったが、

    曲がり角の先にはきっと美しい景色が待っていると、スピーチを終えます。

    拍手に見守られる中、花子は駆け出しました。

    実は先ほど、英治から受け取った『ANNE of AVONLEA』をスピーチする前に、

    我慢できなくて読んでいたのでした。

    その中の単語が分からなかった為、急いで自宅へ戻る花子です。

    夢中で本を読む花子を英治と美里はあたたかく見守ります。



    花子が命がけで守り、愛と友情を込めて翻訳した
    『赤毛のアン』は、昭和から平成の時代を経て、
    今なお多くの人々に読み継がれ希望を与えています。

    花子:「アンの心は、はるか彼方の素晴らしい世界へ飛び去っていた」

    ごきげんよう さようなら

    --終わり--



    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://doramahusen.com/tb.php/4537-e27d3418