『朝市の嫁さん』 花子とアンスピンオフ ドラマ 10/18放送 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 『朝市の嫁さん』 花子とアンスピンオフ ドラマ 10/18放送

    最新記事一覧

    まんぷく 12週69話 「売却」あらすじ ネタバレ Dec 13, 2018
    まんぷく 12週68話 「見せしめ」あらすじ ネタバレ Dec 11, 2018
    まんぷく 12週67話 「絶対何とかなるから!」あらすじ ネタバレ Dec 10, 2018
    まんぷく 11週66話 「福子、妊娠」あらすじ ネタバレ Dec 09, 2018
    まんぷく 11週65話 「大人気ダネイホン」あらすじ ネタバレ Dec 07, 2018

    朝ドラ「まんぷく」

    平成29年度後期連続テレビ小説「まんぷく」
    第01週/001回~006回/(10月01日~10月06日)「結婚はまだまだ先!」
    第02週/007回~012回/(10月08日~10月13日)「…会いません。今は」
    第03週/013回~018回/(10月15日~10月20日)「そんなん絶対ウソ!」
    第04週/019回~024回/(10月22日~10月27日)「私がみつけます!」
    第05週/025回~030回/(10月29日~11月03日)「信じるんです!」
    第06週/031回~036回/(11月05日~11月10日)「お塩を作るんですか!?」
    第07週/037回~042回/(11月12日~11月17日)「私がなんとかします!」
    第08週/043回~048回/(11月19日~11月24日)「新しい冒険!?」
    第09週/049回~054回/(11月26日~12月01日)「違うわ、萬平さん」
    第10週/055回~060回/(12月03日~12月08日)「私は武士の娘の娘!」
    第11週/061回~066回/(12月10日~12月15日)「まんぺい印のダネイホン!」
    第12週/067回~072回/(12月17日~12月22日)「絶対何とかなるから!」

    第13週/073回~077回/(12月24日~12月28日)「」
    第14週/078回~079回/(01月04日~01月05日)「」
    第15週/080回~085回/(01月07日~01月12日)「」
    第16週/086回~091回/(01月14日~01月19日)「」
    第17週/092回~097回/(01月21日~01月26日)「」
    第18週/098回~103回/(01月28日~02月02日)「」
    第19週/104回~109回/(02月04日~02月09日)「」
    第20週/110回~115回/(02月11日~02月16日)「」
    2018年10月01日~2019年03月30日 全151回放送予定

    スポンサード リンク

    『朝市の嫁さん』 花子とアンスピンオフ ドラマ 10/18放送

    NHK 朝ドラ 花子とアン スピンオフドラマ 朝市の嫁さん

    スピンオフ スペシャルドラマ 「朝市の嫁さん」
    公式サイト

    2014年10月18日(土)放送予定
    BSプレミアム 19時30分~21時


    村岡花子の幼なじみ、朝市の結婚物語です。
    朝市を中心として、物語を描くそうです。

    多くの視聴者から「朝市にも幸せになってほしい」という声が多数寄せられたことで、
    朝市の結婚物語が企画されたんだそうです。

    いつも、花子を励ましてくれて、花子にとっては蓮子同様、朝市もまさに腹心の友ですよね。

    注目なのが、朝ドラ「花子とアン」の中では出てきていないお嫁さんですよね。
    お嫁さんは、石橋杏奈さんが演じるそうです。
    朝市の同僚教師の妹が、ちづ江(石橋杏奈)。




    そして、「朝市の嫁さん」のお話の中には、
    「花子とアン」で描かれなかった、吉太郎と醍醐の関係や、作家の宇田川と別れた夫のエピソードも描かれるそうですよ。
    吉太郎と醍醐の結婚のエピソードは、とっても気になっていた部分でしたので、すごく楽しみです。
    ただ、放送は今のところ、BSプレミアムとなっています。 

    スポンサード リンク

    スピンオフ スペシャルドラマ 「朝市の嫁さん」  あらすじ


    昭和8年、40歳になった朝市が花子に結婚が決まったことを報告するために甲府から上京しました。(第22週・8/26放送)
    実はこの時、朝市の結婚相手・ちづ江(石橋杏奈)も、朝市が思いを寄せた花子とはどんな女性かを知るために、東京に来ていたのです。

    朝市との結婚に不安を抱きながら上京したちづ江が、英治・吉太郎・かよ・醍醐・宇田川など、おなじみの顔ぶれと出会い、 彼らの口から花子と朝市の歴史を聞き、最後に花子と対面することで、朝市への思いを新たにする姿を描きます。

    公式サイト参照


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://doramahusen.com/tb.php/4543-56ee92d4