中谷美紀×水川あさみ『ゴーストライター』2015年1月スタート - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ゴーストライター » 中谷美紀×水川あさみ『ゴーストライター』2015年1月スタート

    最新記事一覧

    わろてんか 9週 54話「端午の節句」あらすじ ネタバレ Nov 25, 2017
    わろてんか 9週 53話「無視」あらすじ ネタバレ Nov 24, 2017
    わろてんか 9週 52話「失格」あらすじ ネタバレ Nov 23, 2017
    わろてんか 9週 51話「堪忍袋」あらすじ ネタバレ Nov 22, 2017
    わろてんか 9週 50話「風太の理由」あらすじ ネタバレ Nov 21, 2017

    朝ドラ「わろてんか」

    平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」

    第01週/001回~006回/(10月02日~10月07日)「わろたらアカン」
    第02週/007回~012回/(10月09日~10月14日)「父の笑い」
    第03週/013回~018回/(10月16日~10月21日)「一生笑わせたる」
    第04週/019回~024回/(10月23日~10月28日)「始末屋のごりょさん」
    第05週/025回~030回/(10月30日~11月04日)「笑いを商売に」
    第06週/031回~036回/(11月06日~11月11日)「ふたりの夢の寄席」
    第07週/037回~042回/(11月13日~11月18日)「風鳥亭、羽ばたく」
    第08週/043回~048回/(11月20日~11月25日)「笑売の道」
    第09週/049回~054回/(11月27日~12月02日)「女のかんにん袋」
    第10週/055回~060回/(12月04日~12月09日)「笑いの神様」

    2017年10月2日(月)~2018年3月31日(土) 全151回 放送予定

    スポンサード リンク

    中谷美紀×水川あさみ『ゴーストライター』2015年1月スタート

    中谷美紀が天才小説家役
    ゴーストライター役には水川あさみ

    『ゴーストライター』
    フジテレビ 火21
    2015年1月13日スタート 初回15分拡大 毎週火曜21時~ 放送予定
    公式サイト



    天才小説家と賞賛を受けるが、影で誰にも言えない苦悩を抱える女性を演じる三波リサ役に中谷美紀。
    ゴーストライターとして生きる遠藤由樹役に水川あさみ。
    二人の女の対決と友情を描くヒューマンサスペンスドラマ。


    <ゴーストライター 概要>
    30代にして天才小説家と謳われる三波リサ。
    彼女は既に名声を手に入れているが実は行き詰まりを感じていた。
    そんな時に彼女の前に小説家を夢見て東京にやってきた20代の女・遠藤由樹が現れる。
    天才の肩書に疲れ自らの才能の枯渇を誰にも打ち明けられずにおびえるリサ。
    あふれる才能がありながらもゴーストライターとして生きる由樹は、リサに憧れを抱いていたはずが次第に激しい憎悪を抱くようになります。
    二人の女の対決と友情、人としての成長を描いたヒューマンサスペンスドラマ。


    ゴーストライター あらすじ


    会場では小説家の登竜門とも言える、ある新人賞授賞式の準備が進んでいた。
    そろそろ選考委員の作家陣が到着する時間だ。
    たぐいまれな才能と美貌とを兼ね備えた三波リサ(中谷美紀)は選考委員の中でも授賞式の目玉となる存在。
    その頃、出版社、駿峰社の一室では三波リサの作品の映画化が決定されようとしていた。
    中心で幹部たちに説明をしているのが、やり手編集マン、神崎雄司(田中哲司)。
    リサの作品はこの七年間で映像化された十作品全て大ヒットを飛ばしており、文庫も三百万部を売り上げた作品もある。誰からも見ても順風満帆そのもののリサだった。
    が実は既に行き詰まりを感じていたのだった。

    小説家を夢見て、東京にやってきた遠藤由樹(水川あさみ)。
    田舎で待つ婚約者には1年限りという約束をして、最後の挑戦と意気込み東京へやってきた。
    いくつもの新人賞に応募を続けたが、ついに結果を出すこともなく1年が経ってしまった。
    故郷に戻り結婚することを心に決める。はずだったが、由樹はまだあきらめきれなかった。
    申し込まず手元に残していた原稿を持って出版社を訪れる。

    プロの編集者から「君には才能がない」そう言ってもらえればきっぱりあきらめがつく。そう考えたからだ。
    由樹が向かったのは大手出版社、駿峰社。
    由樹と受付係のやりとりを偶然耳にした新人編集マン、小田颯人(三浦翔平)は由樹に声をかける。
    小田は原稿を読むこともせずに、由樹に仕事を紹介する。
    「三波リサのアシスタントを探しているんですが…」
    憧れの大作家のアシスタントの仕事。
    由樹の心は揺れた。
    田舎に帰って結婚するはずの由樹の人生が今、大きな転換点を迎えようとしていた。
    そしてリサの作家人生も…。



    <キャスト>
    三波リサ(女流小説家) 中谷美紀
    遠藤由樹(リサのアシスタント) 水川あさみ
    小田颯人(文芸雑誌編集者) 三浦翔平
    塚田真奈美(文芸雑誌編集者) 菜々緒
    田浦美鈴(リサの秘書) キムラ緑子
    三波元子(リサの母親) 江波杏子
    鳥飼正義(常務取締役) 石橋凌
    神崎雄司(文芸雑誌編集長) 田中哲司
                         フジテレビ「ゴーストライター」参照



    <脚本>
    橋部敦子(はしべ あつこ)日本のシナリオライター

    主な作品

    2014年冬ドラマ。フジテレビ連続ドラマで放送された「僕のいた時間」。
    三浦春馬演じる澤田拓人が、難病・ALSという病気になり、あきらめずに生きる姿を描いた話題作。

    「すべては君に逢えたから」 「僕の歩く道」 「僕の生きる道」 他

    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://doramahusen.com/tb.php/4726-8ff032ea