花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第16話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花燃ゆ » 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第16話

    最新記事一覧

    まんぷく 22週125話 「ひとり勝ち?」あらすじ ネタバレ Feb 21, 2019
    まんぷく 22週124話 「犯人は元社員?」あらすじ ネタバレ Feb 21, 2019
    まんぷく 22週123話 「特許出願」あらすじ ネタバレ Feb 19, 2019
    まんぷく 22週122話 「きれいごとは通りませんか」あらすじ ネタバレ Feb 18, 2019
    まんぷく 21週121話 「情報漏えい」あらすじ ネタバレ Feb 17, 2019

    朝ドラ「まんぷく」

    平成29年度後期連続テレビ小説「まんぷく」
    第01週/001回~006回/(10月01日~10月06日)「結婚はまだまだ先!」
    第02週/007回~012回/(10月08日~10月13日)「…会いません。今は」
    第03週/013回~018回/(10月15日~10月20日)「そんなん絶対ウソ!」
    第04週/019回~024回/(10月22日~10月27日)「私がみつけます!」
    第05週/025回~030回/(10月29日~11月03日)「信じるんです!」
    第06週/031回~036回/(11月05日~11月10日)「お塩を作るんですか!?」
    第07週/037回~042回/(11月12日~11月17日)「私がなんとかします!」
    第08週/043回~048回/(11月19日~11月24日)「新しい冒険!?」
    第09週/049回~054回/(11月26日~12月01日)「違うわ、萬平さん」
    第10週/055回~060回/(12月03日~12月08日)「私は武士の娘の娘!」
    第11週/061回~066回/(12月10日~12月15日)「まんぺい印のダネイホン!」
    第12週/067回~072回/(12月17日~12月22日)「絶対何とかなるから!」
    第13週/073回~077回/(12月24日~12月28日)「生きてさえいれば」
    第14週/078回~079回/(01月04日~01月05日)「理事長!?」
    第15週/080回~085回/(01月07日~01月12日)「後悔してるんですか?」
    第16週/086回~091回/(01月14日~01月19日)「あとは登るだけです!」
    第17週/092回~097回/(01月21日~01月26日)「ラーメンだ!福子!」
    第18週/098回~103回/(01月28日~02月02日)「完成はもうすぐ!?」
    第19週/104回~109回/(02月04日~02月09日)「10歩も20歩も前進です!」
    第20週/110回~115回/(02月11日~02月16日)「できたぞ!福子!」
    第21週/116回~121回/(02月18日~02月23日)「作戦を考えてください」
    第22週/122回~127回/(02月25日~03月02日)「きれいごとは通りませんか」

    第23週/128回~133回/(03月04日~03月09日)「」
    第24週/134回~139回/(03月11日~03月16日)「」
    第25週/140回~145回/(03月18日~03月23日)「」
    第26週(最終週)/146回~151回/(03月25日~03月30日)「」
    2018年10月01日~2019年03月30日 全151回放送予定

    スポンサード リンク

    花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第16話

    松陰、最後の一日。

    大河ドラマ 花燃ゆ (はなもゆ)
    NHK総合 2015年4月19日(日) 
    公式サイト


    花燃ゆ 第16話 「最後の食卓」


    老中間部の暗殺計画を企てた寅次郎は、野山獄に再び投獄されながらも、攘夷決行を塾生たちに指示をしていました。

    もうこれ以上、寅次郎をかばってやる事は難しい状況でした。

    寅次郎に幕府からの召喚状が届き、江戸で詮議にかけられるといいます。

    死罪が下されるかもしれない…。

    文はがく然とします。

    なんとか兄を助ける為に手をつくすのですが…。



    そんな中、投獄された寅次郎は、自分の肖像画を描いて欲しいと願い出ます。

    絵の得意な塾生・松浦亀太郎が描く事になります。

    これが、後世に渡って知られることとなる、吉田松陰の肖像画だと言われています。


    スポンサード リンク



    一方で、寅次郎の江戸行きが迫り、寅次郎は静かにその時を待っていました。

    文は、せめて一日だけでも寅次郎を家に帰らせてやりたいと思います。

    この先、一緒に過ごせる時は二度と来ないかもしれないと覚悟している文や梅太郎は、最後に家族と過ごさせたいと願い出ます。

    しかし、再び罪人となった寅次郎を獄から出すわけにはいかないと、最後の願いは撤回されてしまいます。

    そんな時、寿が福川にかけよってくれて…。



    寅次郎は、最後の一日を文たち家族と杉家で過ごすことになりました。

    家族で夕飯を囲みます。

    寅次郎は、「再び萩へ戻ってくる 約束する」と言って、翌朝、旅立って行きました。

    ◇2015年度 NHK大河ドラマ 花燃ゆ(はなもゆ) 「最後の食卓」 16回


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://doramahusen.com/tb.php/4868-e699acc0