新・牡丹と薔薇 最終回<完>ぼたんに生まれ変わって! - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 新・牡丹と薔薇 » 新・牡丹と薔薇 最終回<完>ぼたんに生まれ変わって!

    最新記事一覧

    まんぷく 13週73話 「生きてさえいれば」あらすじ ネタバレ Dec 17, 2018
    まんぷく 12週72話 「売り込み」あらすじ ネタバレ Dec 16, 2018
    まんぷく 12週71話 「解散」あらすじ ネタバレ Dec 15, 2018
    まんぷく 12週70話 「追徴課税」あらすじ ネタバレ Dec 13, 2018
    まんぷく 12週69話 「売却」あらすじ ネタバレ Dec 13, 2018

    朝ドラ「まんぷく」

    平成29年度後期連続テレビ小説「まんぷく」
    第01週/001回~006回/(10月01日~10月06日)「結婚はまだまだ先!」
    第02週/007回~012回/(10月08日~10月13日)「…会いません。今は」
    第03週/013回~018回/(10月15日~10月20日)「そんなん絶対ウソ!」
    第04週/019回~024回/(10月22日~10月27日)「私がみつけます!」
    第05週/025回~030回/(10月29日~11月03日)「信じるんです!」
    第06週/031回~036回/(11月05日~11月10日)「お塩を作るんですか!?」
    第07週/037回~042回/(11月12日~11月17日)「私がなんとかします!」
    第08週/043回~048回/(11月19日~11月24日)「新しい冒険!?」
    第09週/049回~054回/(11月26日~12月01日)「違うわ、萬平さん」
    第10週/055回~060回/(12月03日~12月08日)「私は武士の娘の娘!」
    第11週/061回~066回/(12月10日~12月15日)「まんぺい印のダネイホン!」
    第12週/067回~072回/(12月17日~12月22日)「絶対何とかなるから!」
    第13週/073回~077回/(12月24日~12月28日)「生きてさえいれば」

    第14週/078回~079回/(01月04日~01月05日)「」
    第15週/080回~085回/(01月07日~01月12日)「」
    第16週/086回~091回/(01月14日~01月19日)「」
    第17週/092回~097回/(01月21日~01月26日)「」
    第18週/098回~103回/(01月28日~02月02日)「」
    第19週/104回~109回/(02月04日~02月09日)「」
    第20週/110回~115回/(02月11日~02月16日)「」
    2018年10月01日~2019年03月30日 全151回放送予定

    スポンサード リンク

    新・牡丹と薔薇 最終回<完>ぼたんに生まれ変わって!

    最終回(41話) 「新・牡丹と薔薇」 1月29日(金)放送 あらすじ 感想です!
    最終回は、綺麗にまとまったのでしょうか?
    牡丹と薔薇の姉妹は、良かったのかもしれませんが、これでは吉田家の人々があまりにも可哀想でした。


    富貴子は精神を病んでしまい、事件直後は物も言えない状態です。
    現場に居合わせた大隈は、伸介が勝手にやった行為だとして、自分の身の潔白を主張します。
    杉彦は警察に連れて行かれ、伸介は死に、富貴子は何もしゃべれないとあって、大隈の証言だけで、この事件は解釈されたような感じです。

    小日向家で富貴子を引き取り、面倒をみることになります。
    瑠璃も一緒です。

    大隈は、「自分の子どもが欲しかっただけなんだ…」と、世奈子に弱音を吐きます。
    すると、なんと世奈子は体を近づけ、「私でよかったら、最後まで社長の面倒をみますわよ…」と。
    なんとも最後までズルイ世奈子ですね~。

    一方、吉田家では、週間誌やテレビに取り上げられ、酷い嫌がらせが続いています。
    心配した眞澄は、瑠璃を連れて吉田家に向かいます。
    吉田の両親は、眞澄に優しい言葉をかけられ涙を流し、瑠璃に癒されます。
    そして、杉彦が出てきたら引っ越すつもりでいると答えました。

    スポンサード リンク

    富貴子は療養の為、別荘で美輪子と二人暮らしをしています。

    12月28日。
    富貴子と美輪子の誕生日。
    綱輝が瑠璃を連れ、富貴子に会いに来ました。

    瑠璃は富貴子にかけよるも、「ママじゃない!」と、距離をとり困惑します。
    綱輝は驚き、富貴子を見ると…
    富貴子はまるでぼたんのようです。

    美輪子は得意げに、「おねえちゃまはあのショックから生まれ変わって、ぼたんになったの。」
    「姿形人格もすっかりぼたんになったの」と言うのです。

    綱輝は戸惑いながらも、修復した牡丹と薔薇の絵を披露します。

    ぼたんのように見える富貴子を目にし、驚きと共に涙がこぼれる綱輝。

    瑠璃は、訳が分からない感じでしょうか?

    美輪子は、牡丹と薔薇のCDをかけ、富貴子と踊りだします。
    その様子を綱輝は側で見つめながら、瑠璃をそっと抱きしめます。


    (牡丹と薔薇の絵を見つめる二人)

    私はぼたん…
    私は薔薇…

    (二人のこころの声)
    私たちは、これからどんなに辛い事があっても、この絵のように傷つきながらも、助け合って生きて行きましょうね。

    二人で草原を歩いて行く…
    <完>

    つっこみどころ満載な最終回でした。
    姿形って、毎日かつらをわざわざ被って過ごしているのでしょうか?
    瑠璃が成長していないので、そんなに月日は経っていないはずです。
    違和感を感じましたが、富貴子が消滅してぼたんに生まれ変わったと、はっきりと認識させたいが為なんでしょうか。
    瑠璃は、これからどうなっちゃうの?
    富貴子と美輪子は、すっかり穏やかな生活を取り戻して良かったのかもしれませんが、他の方たちの生活は?
    まあ、昔の牡丹と薔薇の昼ドラマも最終回は、二人が幸せになって終わった感じだったはずなので、あとは視聴者のご想像にお任せしますですね。

    ◇昼ドラマ 新・牡丹と薔薇
    最終回(41話) フジテレビ・東海テレビ
    2016年1月29日(金) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト
    ◇昼ドラマ 「新・牡丹と薔薇」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://doramahusen.com/tb.php/5282-36411142