べっぴんさん あらすじ ネタバレ 6話 すみれの恋心 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 6話 すみれの恋心

    最新記事一覧

    わろてんか 12週 69話「窮地」あらすじ ネタバレ Dec 13, 2017
    わろてんか 12週 68話「見舞金」あらすじ ネタバレ Dec 12, 2017
    わろてんか 12週 67話「大入り満員」あらすじ ネタバレ Dec 11, 2017
    わろてんか 11週 66話「専属契約」あらすじ ネタバレ Dec 09, 2017
    わろてんか 11週 65話「団真失踪」あらすじ ネタバレ Dec 08, 2017

    朝ドラ「わろてんか」

    平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」

    第01週/001回~006回/(10月02日~10月07日)「わろたらアカン」
    第02週/007回~012回/(10月09日~10月14日)「父の笑い」
    第03週/013回~018回/(10月16日~10月21日)「一生笑わせたる」
    第04週/019回~024回/(10月23日~10月28日)「始末屋のごりょさん」
    第05週/025回~030回/(10月30日~11月04日)「笑いを商売に」
    第06週/031回~036回/(11月06日~11月11日)「ふたりの夢の寄席」
    第07週/037回~042回/(11月13日~11月18日)「風鳥亭、羽ばたく」
    第08週/043回~048回/(11月20日~11月25日)「笑売の道」
    第09週/049回~054回/(11月27日~12月02日)「女のかんにん袋」
    第10週/055回~060回/(12月04日~12月09日)「笑いの神様」
    第11週/061回~066回/(12月11日~12月16日)「われても末に」
    第12週/067回~072回/(12月18日~12月23日)「お笑い大阪春の陣」
    第13週/073回~076回/(12月25日~12月28日)「」
    第14週/077回~079回/(01月04日~01月06日)「」
    第15週/080回~085回/(01月08日~01月13日)「」
    第16週/086回~091回/(01月15日~01月20日)「」
    第17週/092回~097回/(01月22日~01月27日)「」
    第18週/098回~103回/(01月29日~02月03日)「」
    第19週/104回~109回/(02月05日~02月10日)「」
    第20週/110回~115回/(02月12日~02月17日)「」
    第21週/116回~121回/(02月19日~02月24日)「」
    第22週/122回~127回/(02月26日~03月03日)「」
    第23週/128回~133回/(03月05日~03月10日)「」
    第24週/134回~139回/(03月12日~03月17日)「」
    第25週/140回~145回/(03月19日~03月24日)「」
    第26週(最終週)/146回~151回/(03月26日~03月/31日)「」


    2017年10月2日(月)~2018年3月31日(土) 全151回 放送予定

    スポンサード リンク

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 6話 すみれの恋心

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第1週6話の内容、ネタバレになります。

    月日は流れ、昭和17年(1942年)7月。
    母・はなが亡くなってから8年が経過しています。
    すみれは17才になり、女学校へ通っています。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第1週 6話 「想(おも)いをこめた特別な品」


    すみれは、親友の明るくて少しお調子者の多田良子と病弱な田坂君枝と一緒に、「手芸倶楽部」を作り、休み時間はいつも手芸をするという、毎日手芸に没頭する日々を過ごしていました。

    姉のゆりは20才で、女子大学に通い英語を学んでいます。

    ゆりは、大学を卒業した後は、父の会社である坂東営業部に就職して、将来は会社を継ぐつもりです。

    しかし、五十八は、ゆりには結婚して家庭に入ってほしいと考えていました。


    現在の坂東営業部の経営は、野上正蔵に任せており、五十八は貴族院議員として東京と神戸を行ったり来たりしていました。

    スポンサード リンク

    坂東営業部は国の統制下におかれ規模は縮小、そのために、雇っていた社員のほとんどを解雇しなければならなくなりました。

    坂東家の執事・忠一郎と養育係の喜代以外の使用人は解雇する事が決まり、小野明美の母・マツもその対象でした。

    マツは看護学校に通う明美のために、別の仕事を探さなければならなくなりました。

    明美は、そんな自分の境遇にやりきれない思いを抱きます。


    正蔵の息子・潔は、25歳になりました。現在は正蔵の右腕として坂東営業部で働いています。

    しかし、潔に召集令状が届いてしまい、すみれは動揺してしまいます。

    すみれは、その時はじめて、自分が潔に恋をしていることに気がついたのでした。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん(6) 2016年10月8日(土)
     「想(おも)いをこめた特別な品」 第1週(10月3日~10月8日) 公式サイト


    スポンサード リンク