べっぴんさん あらすじ ネタバレ 33話 ペビー相談室 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » べっぴんさん » べっぴんさん あらすじ ネタバレ 33話 ペビー相談室

    最新記事一覧

    半分、青い。13週77話 「愕然とする鈴愛」あらすじ ネタバレ Jun 22, 2018
    半分、青い。13週76話 「律、結婚決まる」あらすじ ネタバレ Jun 21, 2018
    半分、青い。13週75話 「交換条件」あらすじ ネタバレ Jun 20, 2018
    半分、青い。13週74話 「連載打ち切り」あらすじ ネタバレ Jun 19, 2018
    半分、青い。13週73話 「五年ぶりの再会」あらすじ ネタバレ Jun 18, 2018

    朝ドラ「半分、青い。」

    平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」
    第01週/001回~006回/(04月02日~04月/07日)「生まれたい!」
    第02週/007回~012回/(04月09日~04月/14日)「聞きたい!」
    第03週/013回~018回/(04月16日~04月/21日)「恋したい!」
    第04週/019回~024回/(04月23日~04月/28日)「夢見たい!」
    第05週/025回~030回/(04月30日~05月/05日)「東京、行きたい!」
    第06週/031回~036回/(05月07日~05月/12日)「叫びたい!」
    第07週/037回~042回/(05月14日~05月/19日)「謝りたい!」
    第08週/043回~048回/(05月21日~05月/26日)「助けたい!」
    第09週/049回~054回/(05月28日~06月/02日)「会いたい!」
    第10週/055回~060回/(06月04日~06月/09日)「息がしたい!」
    第11週/061回~066回/(06月11日~06月/16日)「デビューしたい!」
    第12週/067回~072回/(06月18日~06月/23日)「結婚したい!」
    第13週/073回~078回/(06月25日~07月/30日)「仕事が欲しい!」

    2018(平成30)年4月2日(月)~9月29日(土) 全156回(予定)しています。

    スポンサード リンク

    べっぴんさん あらすじ ネタバレ 33話 ペビー相談室

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」 第6週33話の内容、ネタバレになります。

    働きすぎが原因で君枝は倒れ、入院してしまいました。
    君枝も良子もいないなかで、明美と二人だけでの製作に焦るすみれです。
    さらに、新たな悩みも出てきてしまい…。


    朝ドラ べっぴんさんの 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    べっぴんさん 第6週 33話 「笑顔をもう一度」


    「ベビーショップあさや」の商品は売れてきてきているのですが、すみれたちの商品の購入者は顔見知りの客だけだという問題点がありました。

    一定の顧客だけが商品を購入しており、新規客がいません。

    麻田はこれからの店の経営を心配し、客層を広げないと店は行き詰まると言います。


    悩めるすみれは、解決策を見出すために五十八に相談しに向かいます。

    五十八は、「自分たちならではの何か、つまり売り文句を最低でも三つは挙げろ!」とアドバイスをしました。


    すみれは、2つ思いつきました。

    一つ目は、「母親の気持ちが分かる」

    2つ目は、「赤ちゃんのために作り方にも拘った、良い生地を使っている」

    しかし、残り一つは思いつかず宿題となりました。

    スポンサード リンク

    入院した君枝の体調は、日々悪化していました。

    明美は、看護師として沢山の患者を見てきた経験から、昭一と琴子にアドバイスします。

    「未来を夢見ることが人を元気にさせる」と。


    数日後、少し体調がよくなった君枝は、昭一とともに店に来ました。

    君枝の明るい表情を見た昭一は、君枝には希望を持たせることが必要なのだと実感します。

    そこで、店で働く時間を調整しながら仕事をするという許可をだしたのでした。


    ある日、時子は子供の夜泣きがひどくて大変だという悩みを打ち明けていました。

    明美は、それは暑いのが原因でないかとアドバイスします。

    すみれは通気性のいい肌着を時子にプレゼントしました。


    翌日。

    時子は、「もらった肌着のおかげで子供の夜泣きがおさまった」と、感謝を言いに来店しました。

    その様子を見ていた麻田が「まるでベビー相談室ですね」と言います。

    その言葉にすみれは閃きます。

    すみれは五十八のところへ行き、保留となっていた課題を発表します。

    「自分たちならではの何か」の三つ目として、「ペビー相談室」を作ってみたいと。

    ◇平成28年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     べっぴんさん(33) 2016年11月9日(水)
     「笑顔をもう一度」 第6週(11月7日~11月12日) 公式サイト

    スポンサード リンク