わろてんか 6週 34話「鶴亀亭」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 6週 34話「鶴亀亭」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    まんぷく 22週125話 「ひとり勝ち?」あらすじ ネタバレ Feb 21, 2019
    まんぷく 22週124話 「犯人は元社員?」あらすじ ネタバレ Feb 21, 2019
    まんぷく 22週123話 「特許出願」あらすじ ネタバレ Feb 19, 2019
    まんぷく 22週122話 「きれいごとは通りませんか」あらすじ ネタバレ Feb 18, 2019
    まんぷく 21週121話 「情報漏えい」あらすじ ネタバレ Feb 17, 2019

    朝ドラ「まんぷく」

    平成29年度後期連続テレビ小説「まんぷく」
    第01週/001回~006回/(10月01日~10月06日)「結婚はまだまだ先!」
    第02週/007回~012回/(10月08日~10月13日)「…会いません。今は」
    第03週/013回~018回/(10月15日~10月20日)「そんなん絶対ウソ!」
    第04週/019回~024回/(10月22日~10月27日)「私がみつけます!」
    第05週/025回~030回/(10月29日~11月03日)「信じるんです!」
    第06週/031回~036回/(11月05日~11月10日)「お塩を作るんですか!?」
    第07週/037回~042回/(11月12日~11月17日)「私がなんとかします!」
    第08週/043回~048回/(11月19日~11月24日)「新しい冒険!?」
    第09週/049回~054回/(11月26日~12月01日)「違うわ、萬平さん」
    第10週/055回~060回/(12月03日~12月08日)「私は武士の娘の娘!」
    第11週/061回~066回/(12月10日~12月15日)「まんぺい印のダネイホン!」
    第12週/067回~072回/(12月17日~12月22日)「絶対何とかなるから!」
    第13週/073回~077回/(12月24日~12月28日)「生きてさえいれば」
    第14週/078回~079回/(01月04日~01月05日)「理事長!?」
    第15週/080回~085回/(01月07日~01月12日)「後悔してるんですか?」
    第16週/086回~091回/(01月14日~01月19日)「あとは登るだけです!」
    第17週/092回~097回/(01月21日~01月26日)「ラーメンだ!福子!」
    第18週/098回~103回/(01月28日~02月02日)「完成はもうすぐ!?」
    第19週/104回~109回/(02月04日~02月09日)「10歩も20歩も前進です!」
    第20週/110回~115回/(02月11日~02月16日)「できたぞ!福子!」
    第21週/116回~121回/(02月18日~02月23日)「作戦を考えてください」
    第22週/122回~127回/(02月25日~03月02日)「きれいごとは通りませんか」

    第23週/128回~133回/(03月04日~03月09日)「」
    第24週/134回~139回/(03月11日~03月16日)「」
    第25週/140回~145回/(03月18日~03月23日)「」
    第26週(最終週)/146回~151回/(03月25日~03月30日)「」
    2018年10月01日~2019年03月30日 全151回放送予定

    スポンサード リンク

    わろてんか 6週 34話「鶴亀亭」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第6週34話 11/9ネタバレになります。

    寄席を譲って欲しい籐吉とてんは、何度も亀井のもとを訪ねます。
    そんななか、譲ってもらうどころか、取り壊しの話を聞かされ…。


    朝ドラ わろてんか(34)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第6週 34話 「ふたりの夢の寄席」


    てんと籐吉が夢見る寄席が見つかったものの、持ち主の亀井からは、話すら聞いてもらえないでいました。

    ところが、諦めずに何度も亀井のもとへ通っているうちに、亀井は自身の話を少しずつ話してくれるようになりました。

    亀井が経営していた寄席・鶴亀亭の話。

    亡くなった奥さんの話など…。


    鶴亀亭という名は、亀井の亀と妻・鶴子の鶴から一文字ずつとってつけた名前でした。

    鶴亀亭が繁盛しだすと、店の経営を妻に任せっきりにしてしまい、亀井は、毎日遊んで暮らすようになりました。

    妻が先に亡くなってしまったのは、自分が原因であると言うのです。

    スポンサード リンク


    そうして、鶴亀亭を切り盛りしていた妻が亡くなったことで、店の客足が減り続け、店は傾き潰れてしまったのだと。

    亀井は、妻への懺悔ともとれる話を籐吉に打ち明けました。


    亀井は、寄席を壊して土地を売ろうと思っていると言います。

    寄席を譲って欲しい藤吉は、ショックを受けてしまいました。


    てんは、亀井は寄席を壊すことなど望んでいないのではないかと考えます。

    亀井の本心は、妻との思い出が詰まった鶴亀亭の存続だと。

    諦めきれないてんと籐吉は、次の日、亀井のもとへと足を運びます。

    そして、自分たちの想いを熱弁します。

    二人に任せてもらえれば、昔のような寄席を、笑いでいっぱいにしてみせると…。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     わろてんか(34) 2017年11月9日(木)
     「ふたりの夢の寄席」 第5週(11月6日~11月11日)公式サイト


    スポンサード リンク