わろてんか 6週 36話「夢に向かって」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 6週 36話「夢に向かって」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    半分、青い。5週26話 「秋風の弟子?」あらすじ ネタバレ Apr 24, 2018
    半分、青い。5週25話 「秋風羽織と対面」あらすじ ネタバレ Apr 23, 2018
    半分、青い。4週24話 「就職祝い」あらすじ ネタバレ Apr 21, 2018
    半分、青い。4週23話 「漫画完成」あらすじ ネタバレ Apr 20, 2018
    半分、青い。4週22話 「漫画に没頭」あらすじ ネタバレ Apr 19, 2018

    朝ドラ「半分、青い。」

    平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」
    第01週/001回~006回/(04月02日~04月/07日)「生まれたい!」
    第02週/007回~012回/(04月09日~04月/14日)「聞きたい!」
    第03週/013回~018回/(04月16日~04月/21日)「恋したい!」
    第04週/019回~024回/(04月23日~04月/28日)「夢見たい!」
    第05週/025回~030回/(04月30日~05月/05日)「東京、行きたい!」
    第06週/031回~036回/(05月07日~05月/12日)「」

    2018(平成30)年4月2日(月)~9月29日(土) 全156回(予定)しています。

    スポンサード リンク

    わろてんか 6週 36話「夢に向かって」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第6週36話 11/11ネタバレになります。

    亀井から寄席を譲ってもらえることになったのですが、啄子からの了承は得られず、啄子が居なくなった。
    その頃、啄子が居たところは思い出の…。


    朝ドラ わろてんか(36)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第6週 36話 「ふたりの夢の寄席」


    籐吉とてんが探す中、啄子は、鶴亀亭の前に佇んでいました。

    実は鶴亀亭は、啄子にとって思い出のある寄席だったのです。

    籐吉が幼い頃、啄子は、夫を探しに籐吉を連れて鶴亀亭を訪れたことがありました。

    その際、鶴亀亭に助けてもらった恩義がありました。


    啄子は鶴亀亭の寄席を買うことを認めてくれました。

    ところが、肝心の鶴亀亭ですが、借金のかたに差し押さえられそうになっていました。

    さらには、興行師の寺ギンが、即金で買うと割り込んで来たのです。

    籐吉は、三日後に500円を用意しなければ、寄席を手に入れることはできなくなってしまいました。

    スポンサード リンク


    藤吉やてんには、お金を用意することはできません。

    そこでてんは、京都の実家を勘当された身ながら、儀兵衛に借金の申し込みに伺います。


    しかし、儀兵衛からは断られてしまいました。

    そこへ祖母のハツがやって来て、高価な帯留めをてんに差し出します。

    その様子を見ていた儀兵衛は、てんにお金を用意してあげました。

    てんと藤吉は、夢の寄席経営に乗り出すことに…。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     わろてんか(36) 2017年11月11日(土)
     「ふたりの夢の寄席」 第5週(11月6日~11月11日)公式サイト


    スポンサード リンク