わろてんか 13週 75話「安来節乙女組」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » わろてんか » わろてんか 13週 75話「安来節乙女組」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」17 第三週「初!給料」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」15 第三週「母からの手紙」 Oct 15, 2019
    朝ドラ「スカーレット」14 第三週「信楽へ帰れ」 Oct 15, 2019
    朝ドラ「スカーレット」13 第三週「ビバ!大阪新生活」 Oct 13, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    わろてんか 13週 75話「安来節乙女組」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「わろてんか」 第13週75話 12/27ネタバレになります。

    籐吉とてんは、島根から安来節の踊り子を採用。
    反対する親を説得し、大阪へ連れて来たが…。


    朝ドラ わろてんか(75)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    わろてんか 第13週 75話 「エッサッサ乙女組」


    「北村笑店」の寄席で新しい興行をめざす籐吉とてんは、島根で流行し始めていた安来節の踊り子を採用しました。

    てんは、娘四人を大阪に連れて帰ってくる際、自分が”大阪のお母ちゃん”になって、責任もって面倒みる事を決意します。

    踊り子四人には、女子寮を用意し、生活の面もすべてみることに。

    「安来節乙女組」という名を付けてもらいます。

    スポンサード リンク

    田舎から思い思いで大阪へやって来た娘たちは、都会での共同生活に慣れず、喧嘩が耐えませんでした。

    そのせいか、稽古は息が合わず踊りがバラバラ。

    いつになったら高座に上がらせることができるのか?てんも籐吉も頭を抱えてしまいます。

    そんな時、風太が、自分が監督すると言って声をあげました。

    こうして、「安来節乙女組」は、風太が総監督として任されることになりました。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     わろてんか(75) 2017年12月27日(水)
     「エッサッサ乙女組」 第13週(12月25日~12月28日)公式サイト


    スポンサード リンク