半分、青い。14週84話 「草太、出動要請」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 半分、青い。 » 半分、青い。14週84話 「草太、出動要請」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    まんぷく 17週95話 「3つの条件必須」あらすじ ネタバレ Jan 17, 2019
    まんぷく 17週94話 「ラーメン開発」あらすじ ネタバレ Jan 17, 2019
    まんぷく 17週92・93話 「ラーメンだ!福子!」あらすじ ネタバレ Jan 15, 2019
    まんぷく 16週90・91話 「萬平、退任」あらすじ ネタバレ Jan 14, 2019
    まんぷく 16週88・89「差し押さえ」あらすじ ネタバレ Jan 14, 2019

    朝ドラ「まんぷく」

    平成29年度後期連続テレビ小説「まんぷく」
    第01週/001回~006回/(10月01日~10月06日)「結婚はまだまだ先!」
    第02週/007回~012回/(10月08日~10月13日)「…会いません。今は」
    第03週/013回~018回/(10月15日~10月20日)「そんなん絶対ウソ!」
    第04週/019回~024回/(10月22日~10月27日)「私がみつけます!」
    第05週/025回~030回/(10月29日~11月03日)「信じるんです!」
    第06週/031回~036回/(11月05日~11月10日)「お塩を作るんですか!?」
    第07週/037回~042回/(11月12日~11月17日)「私がなんとかします!」
    第08週/043回~048回/(11月19日~11月24日)「新しい冒険!?」
    第09週/049回~054回/(11月26日~12月01日)「違うわ、萬平さん」
    第10週/055回~060回/(12月03日~12月08日)「私は武士の娘の娘!」
    第11週/061回~066回/(12月10日~12月15日)「まんぺい印のダネイホン!」
    第12週/067回~072回/(12月17日~12月22日)「絶対何とかなるから!」
    第13週/073回~077回/(12月24日~12月28日)「生きてさえいれば」
    第14週/078回~079回/(01月04日~01月05日)「理事長!?」
    第15週/080回~085回/(01月07日~01月12日)「後悔してるんですか?」
    第16週/086回~091回/(01月14日~01月19日)「あとは登るだけです!」
    第17週/092回~097回/(01月21日~01月26日)「ラーメンだ!福子!」

    第18週/098回~103回/(01月28日~02月02日)「」
    第19週/104回~109回/(02月04日~02月09日)「」
    第20週/110回~115回/(02月11日~02月16日)「」
    2018年10月01日~2019年03月30日 全151回放送予定

    スポンサード リンク

    半分、青い。14週84話 「草太、出動要請」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「半分、青い。」 第14週84話 7/7ネタバレになります。

    涼次と一緒に働く。
    草太が鈴愛の偵察に!


    朝ドラ 半分、青い。(84)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    半分、青い。 第14週84話 「羽ばたきたい!」


    秋の運動会シーズンがやって来ました。

    書き入れ時前とあって、「100円ショップ・大納言」では運動会グッズ準備を進めています。

    そんななか、短期のアルバイトを雇うことになりました。


    アルバイトにやって来た青年は…

    鈴愛が以前「大納言」で出会った美青年・涼次。

    鈴愛が「キュン」とときめいた青年でした。

    スポンサード リンク


    同じ頃、岐阜では…

    何も知らない晴が鈴愛を心配していました。

    鈴愛は、『漫画家を辞めた』ことを報告していません。

    不安に苛まれた晴は、いてもたってもいられず、行動を起こします。

    ちょうど、休みを取って東京へ遊びに行く計画があった鈴愛の弟・草太に、鈴愛の動向を見てくるよう指示しました。

    ◇平成29年度後期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     半分、青い。(84) 2018年7月7日(土)
     「羽ばたきたい!」第14週(7月2日~7月7日)公式サイト


    スポンサード リンク