まんぷく 2週11話 「悲しい出来事」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まんぷく » まんぷく 2週11話 「悲しい出来事」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    まんぷく 12週68話 「見せしめ」あらすじ ネタバレ Dec 11, 2018
    まんぷく 12週67話 「絶対何とかなるから!」あらすじ ネタバレ Dec 10, 2018
    まんぷく 11週66話 「福子、妊娠」あらすじ ネタバレ Dec 09, 2018
    まんぷく 11週65話 「大人気ダネイホン」あらすじ ネタバレ Dec 07, 2018
    まんぷく 11週64話 「宣伝広告」あらすじ ネタバレ Dec 06, 2018

    朝ドラ「まんぷく」

    平成29年度後期連続テレビ小説「まんぷく」
    第01週/001回~006回/(10月01日~10月06日)「結婚はまだまだ先!」
    第02週/007回~012回/(10月08日~10月13日)「…会いません。今は」
    第03週/013回~018回/(10月15日~10月20日)「そんなん絶対ウソ!」
    第04週/019回~024回/(10月22日~10月27日)「私がみつけます!」
    第05週/025回~030回/(10月29日~11月03日)「信じるんです!」
    第06週/031回~036回/(11月05日~11月10日)「お塩を作るんですか!?」
    第07週/037回~042回/(11月12日~11月17日)「私がなんとかします!」
    第08週/043回~048回/(11月19日~11月24日)「新しい冒険!?」
    第09週/049回~054回/(11月26日~12月01日)「違うわ、萬平さん」
    第10週/055回~060回/(12月03日~12月08日)「私は武士の娘の娘!」
    第11週/061回~066回/(12月10日~12月15日)「まんぺい印のダネイホン!」
    第12週/067回~072回/(12月17日~12月22日)「絶対何とかなるから!」

    第13週/073回~077回/(12月24日~12月28日)「」
    第14週/078回~079回/(01月04日~01月05日)「」
    第15週/080回~085回/(01月07日~01月12日)「」
    第16週/086回~091回/(01月14日~01月19日)「」
    第17週/092回~097回/(01月21日~01月26日)「」
    第18週/098回~103回/(01月28日~02月02日)「」
    第19週/104回~109回/(02月04日~02月09日)「」
    第20週/110回~115回/(02月11日~02月16日)「」
    2018年10月01日~2019年03月30日 全151回放送予定

    スポンサード リンク

    まんぷく 2週11話 「悲しい出来事」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「まんぷく」 第2週11話 10/12ネタバレになります。

    入院している咲の容態。
    余命僅か。


    朝ドラ まんぷく(11)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    まんぷく 第2週 11話 「…会いません。今は」


    結核の専門病院へ入院し、回復の兆しがみえていた咲でしたが…

    容態が急変します。


    咲の夫・真一から、咲の余命が僅かだと聞いた鈴、克子、福子は、悲しみに打ちひしがれます。

    真一は、福子たちに余命僅かだということを知らせないように口止めされていました。


    意識が回復しない咲に向かって、必死の思いで声をかける鈴。

    咲は一時的に意識を取り戻します。

    そして、一人ずつに言葉をかけはじめました。

    スポンサード リンク


    そして、お礼の言葉をかけ終わるころ……

    息をひきとりました。


    そんななか、福子が勤めるホテルでは、ある出来事が起こっていました。

    同僚の先輩・恵が、二人の男性から交際を申し込まれていたのです。


    数日が経過します。

    福子は萬平に咲の報告をしに会いに行きました。

    ◇2018(平成30)年度後期 NHK朝の連続テレビ小説 作:福田靖
     まんぷく(11) 2018年10月12日(金)
     「…会いません。今は」 第2週(10月8日~10月13日) 
     公式サイト:まんぷく


    スポンサード リンク