まんぷく 13週73話 「生きてさえいれば」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まんぷく » まんぷく 13週73話 「生きてさえいれば」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」20話 第4週「新聞社で働く」 Oct 21, 2019
    朝ドラ「スカーレット」19 第四週「一人前になるまでは」 Oct 20, 2019
    朝ドラ「スカーレット」17 第三週「初!給料」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」15 第三週「母からの手紙」 Oct 15, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月03日)「ときめきは甘く苦く」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    まんぷく 13週73話 「生きてさえいれば」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「まんぷく」 第13週73話 12/24ネタバレになります。

    「たちばな食品」、無念の解散宣言。
    投獄されている萬平。

    朝ドラ まんぷく(73)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    まんぷく 第13週 73話 「生きてさえいれば」


    ダネイホンは、東が交渉にあたってくれた結果、13万円で北浜食品に売却が決まりました。

    従業員の働き口が心配されましたが、神部と数名の社員は、北浜食品で雇ってもらえることになりました。

    ダネイホンの製造をすることに。


    残りの社員たちは、三田村や世良のお世話で、別の会社で働けることになりました。

    福子は、「たちばな食品」の解散を宣言します。

    スポンサード リンク


    萬平が釈放されるまでの間、とりあえず福子は、克子の家に身を寄せることになりました。

    会社の解散の報告をしにl、萬平に面会に行きます。

    萬平は、社員たちが再就職先で頑張っていると聞くと、安堵しました。

    そして、生まれてくる赤ちゃんの名前を、男の子なら「太」、女の子なら「幸」と名付けてるよう福子に頼みました。


    福子は大阪に戻ると三田村のお見舞いに行き、御礼を言いました。

    末期がんの三田村は、その三日後、亡くなりました。

    ♢2018(平成30)年度後期 NHK朝の連続テレビ小説
     まんぷく(73) 2018年12月24日(月)
     「生きてさえいれば」第13週(12月24日~12月28日) 
     公式サイト:まんぷく


    スポンサード リンク