まんぷく 20週111話 「完成間近」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まんぷく » まんぷく 20週111話 「完成間近」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」20話 第4週「新聞社で働く」 Oct 21, 2019
    朝ドラ「スカーレット」19 第四週「一人前になるまでは」 Oct 20, 2019
    朝ドラ「スカーレット」17 第三週「初!給料」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」15 第三週「母からの手紙」 Oct 15, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月03日)「ときめきは甘く苦く」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    まんぷく 20週111話 「完成間近」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「まんぷく」 第20週111話 2/12ネタバレになります。

    揚げた麺を知る。
    製品化までもう少し。


    朝ドラ まんぷく(111)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    まんぷく 第20週 111話 「できたぞ!福子!」


    完成まであと一歩です。

    萬平は、挙げた麺を常温保存するには無理があると考えた結果、原理を知る必要がある考えました。

    そこで、ダネイホンの開発でお世話になった、近江谷佐吉を頼ります。


    近江谷は、揚げた麺の断面を顕微鏡で見ると、多孔質化していると説明しました。

    油の熱によって水分が蒸発し、麺の表面に無数のスポンジ状の空洞ができるのです。

    スポンサード リンク

    そこへ、お湯をかけます。

    すると、その空洞からお湯がはいり、麺が元に戻るのだとわかりました。


    福子はついに完成したと大喜びしますが、萬平は、「ここからだ!」と考えます。

    製品化に向けた最適な揚げ方を見つけるため、模索し始めました。

    ♢2019(平成31)年度後期 NHK朝の連続テレビ小説
     まんぷく(111) 2019年2月12日(火)
     「できたぞ!福子!」第20週(2月11日~2月16日) 
     公式サイト:まんぷく


    スポンサード リンク