なつぞら 2週12話 「荒地を開拓する」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 2週12話 「荒地を開拓する」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」1話(3/30) 第1週「初めてのエール」スタート! Mar 29, 2020
    朝ドラ「スカーレット」150話(3/28) 第25週(終わり) Mar 26, 2020
    朝ドラ「スカーレット」149話(3/27) 第25週(最終週) Mar 25, 2020
    朝ドラ「スカーレット」148話(3/26) 第25週(最終週) Mar 23, 2020
    朝ドラ「スカーレット」147話(3/25) 第25週(最終週) Mar 21, 2020

    朝ドラ エール


    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月/03日)「初めてのエール」

    エール 概要

    スポンサード リンク

    なつぞら 2週12話 「荒地を開拓する」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第2週12話 4/13ネタバレになります。

    なつが助けを求め、泰樹が決定したことは…。
    開拓決定。

    朝ドラ なつぞら(12)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第2週 12話 「なつよ、夢の扉を開け」


    なつは、親しくなった天陽の家に遊びに行った際に、この土地を離れることを聞かされます。

    離農することを打ち明けられました。

    天陽は、ここを離れたくないと訴えると、なつは何とかして天陽一家を助けたいと思いました。


    泰樹に助けを求めますが、突き放されてしまいます。

    ところが、なつは食下がります。

    なつの熱い訴えを受け、泰樹は天陽の畑を見に行くと言ってくれました。


    土地の状態を見た泰樹は、「やっぱりダメだ。この土地では作物はできない」と。

    いくら耕しても作物が育たない土地でした。


    しかし、泰樹は、「このぐらいの土地は、わしならいくらでも開拓してきた」と言って、天陽の両親と話し合うことを約束してくれました。

    スポンサード リンク


    その夜、なつと泰樹、剛男と富士子たちも交えて、天陽の両親と話し合いを行います。


    泰樹は、「ここの土地は作物が育たない。3、5年はかかるかもしれない。それでもやる気はあるか?」と、覚悟をききます。

    正治は、「無茶言わないでください」と言って、諦めモードです。

    ところが、天陽は、「僕はやりたい。3年、5年かかっても僕はやりたい。お父さんは今のまま仕事を続けていいからやらせてください」と懇願します。


    正治は開拓することを快諾しました。

    こうして正治の土地は、開拓者たち、なつたちの手伝いもあって、開拓されて行きました。


    それから9年が経ちます。

    あの、荒れた土地は、かつての面影さえも無くなっていました。

    一面の美しい畑に生まれ変わっていたのです。

    畑を颯爽と駆け抜けてくる女性は、18歳のなつでした。

    ♢2019(平成31)年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(12) 2019年4月13日(土)
     「なつよ、夢の扉を開け」第2週(4月8日~4月13日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク