なつぞら 25週146話 「千遥の天丼は母の味」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 25週146話 「千遥の天丼は母の味」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」40話 第7週「深野の姿」 Nov 14, 2019
    朝ドラ「スカーレット」39話 第7週「ちや子さん!」 Nov 12, 2019
    朝ドラ「スカーレット」38話 第7週「絵付師とは」 Nov 11, 2019
    朝ドラ「スカーレット」37話 第7週「弟子にしてください!」 Nov 10, 2019
    朝ドラ「スカーレット」36話 第6週「絵付け職人」 Nov 08, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月02日)「ときめきは甘く苦く」
    第06週/031回~036回/(11月04日~11月09日)「自分で決めた道」
    第07週/037回~042回/(11月11日~11月16日)「弟子にしてください!」
    第08週/043回~048回/(11月18日~11月23日)「」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    なつぞら 25週146話 「千遥の天丼は母の味」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第25週146話 9/17ネタバレになります。

    なつ、咲太郎たちは、千遥のお店へ。
    天丼に涙する咲太郎。

    朝ドラ なつぞら(146)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第25週 146話 「なつよ、千遥よ、咲太郎よ


    千遥と再会したなつは、すぐに咲太郎に千遥のことを話しました。


    数日後、なつと咲太郎、光子、信哉と明美が一緒に「杉の子」に行きました。

    なつたちは、座敷に案内されたのですが、千遥の側に居たいので、カウンターに代えてもらいます。

    なつや咲太郎たちは、初めてのお客としてフリをします。


    板前から、なつや咲太郎たちの関係を聞かれたので、さりげなく、近況報告を千遥に伝わるように話します。

    咲太郎の妻は光子で、信哉の妻は明美であるとか…。


    咲太郎は、板前が千遥の旦那だと思ったのですが、板前は旦那ではありませんでした。

    手際よく作られる料理の数々。味も美味しい。

    スポンサード リンク


    最後に注文していた天丼がやって来ます。

    天丼を食べた咲太郎は泣いてしまいました。

    咲太郎は、「料理人だった父と同じ味だ!」と感激します。

    しかし、なつは思い出しました。

    「天丼をつくってくれたのはお母さんだよ!」

    千遥が天丼を作っている姿を見て、昔の記憶が蘇ったのです。

    立派になった千遥を想い、なつは涙が溢れ出しました。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(146) 2019年9月17日(火)
     「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」第25週(9月16日~9月21日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク