なつぞら 最終週 155話 「元気のない泰樹」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 最終週 155話 「元気のない泰樹」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」20話 第4週「新聞社で働く」 Oct 21, 2019
    朝ドラ「スカーレット」19 第四週「一人前になるまでは」 Oct 20, 2019
    朝ドラ「スカーレット」17 第三週「初!給料」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」15 第三週「母からの手紙」 Oct 15, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月03日)「ときめきは甘く苦く」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    なつぞら 最終週 155話 「元気のない泰樹」あらすじ ネタバレ

    NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第26週155話 9/27ネタバレになります。

    残り2話!
    借金をして新しい設備の導入検討。
    率先し指揮をとったのは…。


    朝ドラ なつぞら(155)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 最終週(第26週) 155話 「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」


    昭和58年。

    十勝は冷害水害に見舞われます。

    柴田家では、剛男と照男が古い牛舎の建て替えの話をしていました。

    新しい設備を導入することになれば、多額の借金をすることになると。

    しかし、牛を増やせば返済できるのではないか…。


    富士子は心配し、泰樹に相談しました。

    泰樹は、「照男の好きにすればいい。照男の開拓じゃ。」と言って、やりたいようにすればいいと反対はしませんでした。

    ただ、この頃90歳を過ぎていた泰樹は、以前のような覇気はありませんでした。

    スポンサード リンク


    十勝は大雨で嵐が吹き荒れています。

    激しい落雷の音が響き渡り、夜明けに大きな雷が落ちました。

    翌朝、皆が起きると停電になっています。

    電気が使えない為、照男はあ然としていました。


    昨日までの様子とうって変わって、泰樹は、若返ったように大きく声を張りあげました。

    「手で搾るんじゃ!牛を助けるんじゃ、照男。」

    皆、泰樹の掛け声と共に、総出で必死に搾乳していきました。


    新しい設備の検討をしていた照男は、機械化すれば大丈夫だという過信を反省します。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(155) 2019年9月27日(金)
     「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」第26週(9月23日~9月28日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク