なつぞら 最終回(156話) 「開拓者の魂」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 最終回(156話) 「開拓者の魂」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」20話 第4週「新聞社で働く」 Oct 21, 2019
    朝ドラ「スカーレット」19 第四週「一人前になるまでは」 Oct 20, 2019
    朝ドラ「スカーレット」17 第三週「初!給料」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」 Oct 17, 2019
    朝ドラ「スカーレット」15 第三週「母からの手紙」 Oct 15, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月03日)「ときめきは甘く苦く」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    なつぞら 最終回(156話) 「開拓者の魂」あらすじ ネタバレ

    連続テレビ小説「なつぞら」 第26週156(最終回) 9/28ネタバレになります。

    泰樹の言葉に込められた想い。
    未来の開拓者たちへ。

    朝ドラ なつぞら(156)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第26週 156話(最終回) 「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」


    翌日、なつは泰樹に誘われ、天陽がじゃがいもを作っていた畑に一緒に行きました。

    泰樹は、じゃがいもを掘りながらなつに声をかけます。

    「なつ、わしが死んでも悲しむな。わしの魂はこの大地にしみこませておくから。」

    「天陽と同じじゃ。いつでも帰ってこい。お前は大地を歩くだけでいい。」

    なつは、泰樹の言葉が胸に響きます。


    泰樹は、なつに言葉をかけ続けます。

    「よくやったな、なつ。東京をよく耕した。」

    なつは、胸が熱くなり、涙があふれでます。

    スポンサード リンク

    その後、なつと坂場と優は、大草原の丘にいました。

    気持ちよい風が吹きぬけます。


    なつと坂場は、これから描くアニメーション映画の話をしています。
    (12年後に実現。タイトルは「夏空」)


    「ここからまた始まるね。私たちの開拓が。」

    なつと坂場は、互いの存在に感謝し、この先の人生を語り合います。

    優は、「ママとパパはレイとソラみたいだね。」と言いました。

    3人で手をつなぎ、未来へ続く大草原の夏空を歩きはじめます。

    ---完---

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(156) 2019年9月28日(土)
     「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」第26週(9月23日~9月28日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク