朝ドラ「スカーレット」34話 第6週「喜美子、夢を諦める」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」34話 第6週「喜美子、夢を諦める」

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」42話 第7週「絵付師の修行」 Nov 15, 2019
    朝ドラ「スカーレット」41話 第7週「喜美子の決意」 Nov 14, 2019
    朝ドラ「スカーレット」40話 第7週「深野の姿」 Nov 14, 2019
    朝ドラ「スカーレット」39話 第7週「ちや子さん!」 Nov 12, 2019
    朝ドラ「スカーレット」38話 第7週「絵付師とは」 Nov 11, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月02日)「ときめきは甘く苦く」
    第06週/031回~036回/(11月04日~11月09日)「自分で決めた道」
    第07週/037回~042回/(11月11日~11月16日)「弟子にしてください!」
    第08週/043回~048回/(11月18日~11月23日)「」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    朝ドラ「スカーレット」34話 第6週「喜美子、夢を諦める」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(34)「自分で決めた道」
    2019年11月7日(木)放送予定


    <前回のあらすじ>
    喜美子は大阪へ帰る予定を取りやめ、マツから川原家の実情を聞きました。

    あまりにも膨れ上がった借金の額に驚き、笑いがこぼれます。


    丸熊陶業で若い子を募集しているので、常治が社長と話をつけた。

    喜美子に丸熊陶業で働けというのです。

    喜美子は、一度丸熊陶業に顔だし照子に確認しました。

    喜美子は決意します。

    その足で、大阪へと戻りました。


    その頃、荒木荘の面々は、常治からの電報に寂しさを募らせていました。

    喜美子の荷物をまとめると、風呂敷二つしかありませんでした。

    このようなことになってしまい、あまりにも不憫に思います。




    (34)「自分で決めた道」
    2019年11月7日(木)


    喜美子の荷物をまとめ、喜美子がもう大阪へ戻ってこないと話しているさだ、大久保、雄太郎。

    よっぽど、母・マツの容態が悪いのだと話していました。

    そこへ、喜美子は元気良く帰ってきました。

    さだたちは、驚きます。

    喜美子は、信楽での出来事で、自分がどうにかしなければと、決意を固めていました。


    川原家の事情を打ち明けます。

    そして、美術学校に通う夢を諦めること。

    女中の仕事も辞めることを伝え、実家に帰らせてもらうことを願い出ました。

    スポンサード リンク


    一方、行方不明になっているちや子には会えません。

    ちや子は、喜美子の夢を応援してくれた人です。

    仕事も辞めてしまったと聞き心配でなりません。

    喜美子は、ちや子に宛てた手紙を残します。

    「悩んだ末、決断したこと。いつかこの決断が良かったって、笑っていえますように」と。

    翌日には、喜美子はお世話になった人たちに別れを告げ、足早に信楽へと帰って行きました。

    (34)「スカーレット」第6週「自分で決めた道」 11/7
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク