朝ドラ「スカーレット」35話 第6週「丸熊陶業で働く」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」35話 第6週「丸熊陶業で働く」

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」42話 第7週「絵付師の修行」 Nov 15, 2019
    朝ドラ「スカーレット」41話 第7週「喜美子の決意」 Nov 14, 2019
    朝ドラ「スカーレット」40話 第7週「深野の姿」 Nov 14, 2019
    朝ドラ「スカーレット」39話 第7週「ちや子さん!」 Nov 12, 2019
    朝ドラ「スカーレット」38話 第7週「絵付師とは」 Nov 11, 2019

    朝ドラ「スカーレット」

    朝の連続テレビ小説「スカーレット」

    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月02日)「ときめきは甘く苦く」
    第06週/031回~036回/(11月04日~11月09日)「自分で決めた道」
    第07週/037回~042回/(11月11日~11月16日)「弟子にしてください!」
    第08週/043回~048回/(11月18日~11月23日)「」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    朝ドラ「スカーレット」35話 第6週「丸熊陶業で働く」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(35)「自分で決めた道」
    2019年11月8日(金)放送予定


    <前回のあらすじ>
    信楽へ帰る決意をし、大阪を後にする喜美子。

    喜美子が気がかりなことは、ちや子に挨拶できなかったこと。

    行方不明だったちや子は、一度荒木荘に帰ってきたことがわかりました。

    会社を辞めて、しばらく故郷に帰っていると。


    喜美子は、『喫茶さえずり』で、ちや子宛ての手紙をしたためました。

    「いつかこの決断が良かったって、笑っていいあえますように。」

    喜美子が信楽へ旅立った後に、ちや子が荒木荘に戻って来ました。


    喜美子からの悩んだ末に決断したことが書かれている手紙を読み終えたちや子は…

    喜美子の気持ちが胸に刺さります。

    手紙に書かれてあったお茶漬けのレシピで淡々と作りあげると、涙を堪えながら頬張るのでした。





    (35)「自分で決めた道」
    2019年11月8日(金)


    大阪の暮らしと夢を捨て、決意をして信楽に戻った喜美子。

    つかの間の平穏が川原家に訪れます。

    そんななか、常治を毛嫌いする妹の直子は、相変わらずの口の悪さと態度です。

    喜美子は、照子の実家・丸熊陶業で働き始めました。

    仕事は社員食堂のお手伝いです。

    スポンサード リンク

    陶工や絵付けの職人に昼食を作ったりお茶出しをします。

    勤務時間は9時から16時です。

    荒木荘での女中の仕事で培った手際の良さで、なんなく仕事をこなします。

    大阪での仕事に比べてあまりにも簡単な為、物足りなさを感じてしまいました。


    そんななか、喜美子は、初めて見た絵付けの仕事にとても興味を持ちました。

    立ち入り禁止の作業場に入ってしまいます。

    (35)「スカーレット」第6週「自分で決めた道」 11/8
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク