朝ドラ「スカーレット」42話 第7週「絵付師の修行」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」42話 第7週「絵付師の修行」

    最新記事一覧

    朝ドラ「スカーレット」90話 第15週「喜美子、入賞!」 Jan 17, 2020
    朝ドラ「スカーレット」89話 第15週「直子の嘘」 Jan 16, 2020
    朝ドラ「スカーレット」88話 第15週「結婚の条件」 Jan 15, 2020
    朝ドラ「スカーレット」87話 第15週「喜美子のモヤモヤ」 Jan 14, 2020
    朝ドラ「スカーレット」86話 第15週「百合子と信作」 Jan 13, 2020

    朝ドラ「スカーレット」



    朝の連続テレビ小説「スカーレット」
    第01週/001回~006回/(09月30日~10月05日)「はじめまして信楽」
    第02週/007回~012回/(10月07日~10月12日)「意地と誇りの旅立ちは」
    第03週/013回~018回/(10月14日~10月19日)「ビバ!大阪新生活」
    第04週/019回~024回/(10月21日~10月26日)「一人前になるまでは」
    第05週/025回~030回/(10月28日~11月02日)「ときめきは甘く苦く」
    第06週/031回~036回/(11月04日~11月09日)「自分で決めた道」
    第07週/037回~042回/(11月11日~11月16日)「弟子にしてください!」
    第08週/043回~048回/(11月18日~11月23日)「心ゆれる夏」
    第09週/049回~054回/(11月25日~11月30日)「火まつりの誓い」
    第10週/055回~060回/(12月02日~12月07日)「好きという気持ち」
    第11週/061回~066回/(12月09日~12月14日)「夢は一緒に」
    第12週/067回~072回/(12月16日~12月21日)「幸せへの大きな一歩」
    第13週/073回~078回/(12月23日~12月28日)「愛いっぱいの器」
    第14週/079回~084回/(01月06日~01月11日)「新しい風が吹いて」
    第15週/085回~090回/(01月13日~01月18日)「優しさが交差して」
    第16週/091回~096回/(01月20日~01月25日)「熱くなる瞬間」

    2019年9月30日~2019年03月28日 全150回放送予定

    スポンサード リンク

    朝ドラ「スカーレット」42話 第7週「絵付師の修行」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(42)「弟子にしてください!」
    2019年11月16日(金)放送予定


    <前回のあらすじ>
    喜美子のお見合いは、相手側に好きな人がいるという事で破談に終わりました。

    川原家に婿に入れたい常治は、喜美子に早くに結婚をさせたくて仕方がありません。

    しかし、喜美子にとって結婚は、先の話です。

    結婚なんてしなくてもよいと宣言します。

    そして、マツの助けもあり、絵付けの仕事がしたいと打ち明けます。


    翌日、マツは、喜美子の夢を叶えることができなかったことを誤ります。

    ところが、喜美子は、決めたことがあると言って、マツや妹たちに胸の内を打ち明けました。


    喜美子は、絵付け師の深野のことを話します。

    見ない方がいいと忠告されながらも、のぞいて見てしまった満面の笑みの深野。

    絵を描くことが好きだった深野は、戦争で従軍画家になり、好きだった絵を描くことができなくなりました。

    そんな深野を救ったくれたのが、火鉢に描いてある絵でした。


    深野の話しに心打たれた喜美子は、気持ちは固まります。

    深野に絵付けを教わりたい。深野の弟子になりたいと。




    (42)「弟子にしてください!」
    2019年11月16日(土)


    喜美子は、深野に秘密を教えてもらいます。

    誰も見てはいけないとされていた最後の絵付け作業。

    その姿に喜美子は最初こそ驚くものの、深野のこれまでの生き方を話してもらい、心が打たれました。

    迷っていた喜美子は、他の誰でもない、深野から絵付けの仕事を教わりたいと熱望します。

    スポンサード リンク


    しかし、喜美子の結婚を急ぐ常治は、反対します。

    そんな時、常治は飲み屋で偶然、深野と居合わせました。

    お互い身元が誰なのか知らないまま気持ちよく飲んでいた常治ですが、大野から丸熊陶業の絵付け師だと紹介されると、すぐ感づきました。

    常治は身元を隠し、絵付けの仕事について聞きました。

    深野は、弟子入りを志願する女性がいる話題に触れます。

    何も知らない深野は、「あかんやろな。すぐ諦めるだろう。」とつぶやきました。

    すると常治は、喜美子の事を侮辱されたと捉え、「そんな根性なしちゃう!」と反論します。


    翌朝、常治は喜美子に言いました。

    「やるんやったら本気でやれ。丸熊陶業やないとアカン。」と。

    喜美子は、夢の1歩を歩み出すことができました。

    絵付師としての修行が始まります!

    (42)「スカーレット」第7週「弟子にしてください!」 11/16
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク