沢尻エリカ 主演ドラマ 『悪女について』 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スペシャルドラマ » 沢尻エリカ 主演ドラマ 『悪女について』

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    沢尻エリカ 主演ドラマ 『悪女について』

    悪女について 
    公式サイト

    沢尻のテレビドラマ出演は、07年4月5日放送の「1リットルの涙 特別編~追憶~」以来、5年ぶり
    2012年4月30日(月・祝) 21時00分~23時24分 TBS 放送予定

    ドラマ特別企画 「悪女について」 番組内容
    昭和61年、日本が高度成長の真只中でバブル経済に浮かれていた頃、一人の女性実業家がビルから転落死した。 彼女の名前は、富小路公子(沢尻エリカ)。 貧しい少女時代を経て、20歳で彗星のように実業界に現れ、一代で巨万の富を築き、才女・魔性の女といわれた公子が謎の死を遂げたー。 自殺か他殺か…多くの恨みを買っていた公子の死に様々な憶測が飛び交う。その公子を15歳の頃から知る沢山栄次(船越英一郎)、宝石店のアルバイトで知り合い公子と同棲することになる渡瀬義雄(上地雄輔)。そしてもう一人、君子には母親のタネ(余貴美子)とともに居候していた元華族の尾藤家の息子・尾藤輝彦(渡辺大)という憧れの存在がいてー。 同時に複数の男性と関わり続けた公子の破天荒な生き様と、それに翻弄されながらも彼女の魔力に魅せられた男たちの人生を描く。



    出演者


    沢尻エリカ



    原作


    有吉佐和子(アリヨシ・サワコ) : 悪女について
    (新潮文庫刊)

    《自殺か、他殺か、虚飾の女王、謎の死》――醜聞(スキャンダル)にまみれて謎の死を遂げた美貌の女実業家富小路公子。彼女に関わった二十七人の男女へのインタビューで浮び上がってきたのは、騙された男たちにもそれと気付かれぬ、恐ろしくも奇想天外な女の悪の愉しみ方だった。男社会を逆手にとり、しかも女の魅力を完璧に発揮して男たちを翻弄しながら、豪奢に悪を愉しんだ女の一生を綴る長編小説。

    発行形態 : 新潮文庫
    判型 : 新潮文庫
    ISBN : 978-4-10-113219-8
    C-CODE : 0193
    整理番号 : あ-5-19
    発売日 : 1983/03/25




    スタッフ


    脚本:
    池端俊策

    演出:
    鶴橋康夫

    プロデューサー:
    八木康夫

    製作:
    TBSテレビ

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/1159-afcc03c7