連続テレビ小説「あまちゃん」 後編 東京でアイドルを目指す! - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あまちゃん » 連続テレビ小説「あまちゃん」 後編 東京でアイドルを目指す!

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    連続テレビ小説「あまちゃん」 後編 東京でアイドルを目指す!

    NHK 連続テレビ小説「あまちゃん」後編あらすじ

    岩手県北三陸で「海女さん」を目指すうちに「地元アイドル」へと成長したヒロイン・アキは
    ついに、東京で本格的にアイドルを目指すことに!

    舞台を東京に移した『あまちゃん』の後編---
    全国47都道府県のご当地アイドルから選抜されたアイドルグループ「GMT47」の挫折奮闘物語!
    スポットライトを夢見て歌に踊りに汗を流す、アイドルの卵たち はたして、アキにデビューの日は来るのか?

    <物 語>
    2008年夏。母・春子に連れられ北三陸を初めて訪れたアキは、現役で海女を続ける祖母・夏と出会い「海女さん」になることを決意する。1年後の2009 年夏。海女修業を続けるうちに「地元アイドル」となったアキは、町に潜伏していた水口琢磨から「GMT4 7」のメンバーにスカウトされる。

    「GMT47」とは、荒巻太一が企画する、47 都道府県のご当地アイドルを集めたアイドルグループであった。全国に北三陸の魅力をPRしたいという気持ちから、アキは上京することを決意する。だが、東京では見向きもされないアキ。アイドルの卵としての生活は想像以上に厳しいものであった。そんなアキの唯一の救いは、憧れの女優・鈴鹿ひろ美の存在であった。鈴鹿の付き人となったアキは、厳しくも温かい指導のもと、希望を失わず下積み生活を続ける。
    「GMT」のリーダー・入間しおりや地方出身者が集まる寮で、それぞれの方言で夢を語り合い励ましあうアイドルの卵たち。はたして、アキがデビューできる日は来るのか?

    ■ヒロイン 天野アキ(あまのあき)・・・能年玲奈
    母・春子の故郷である、岩手県の北三陸で海女になったアキ。その海女姿の映像がネットで話題となり「地元アイドル」として人気者になった頃、人生を大きく変えることになる歌に出会う。1984年の映画の主題歌「潮騒のメモリー」。主演の鈴鹿ひろ美が歌手デビューを果たした大ヒット曲であった。日に日に高まる鈴鹿ひろ美、そして歌うことへの憧れ。ついにアキは、春子の反対を振り切り、アイドルになるために東京へと旅立つ。

    ◇放送予定
     平成25年4月1日(月)~9月28日(土) 全156回


    「あまちゃん」新キャスト


    ~東京編 新たに決まった出演者~
    ■女優 鈴鹿ひろ美(すずかひろみ)・・・薬師丸ひろ子
    10代の頃から映画やドラマで清純派として活躍し、40歳を超えた現在もそのイメージをキープし続けるカリスマ女優。その私生活は謎に包まれ、数々の逸話も伝説化させている。アイドルを目指して上京してきたアキは、運命的に鈴鹿と出会い、そのプロ意識の高さとストイックな生き様に感銘を受ける。鈴鹿もまたアキに天性の才能を見出し、自分の付き人にして育てていくのだが・・・。
    ■マネージャー 水口琢麿(みずぐちたくま)・・・松田龍平
    アキとユイが「地元アイドル」として注目され始めた頃、ふらりと北三陸に現れて琥珀掘り・勉に弟子入りを志願した風変わりな男。しかし、本当の顔は、アキとユイをスカウトするために北三陸にやって来た芸能事務所「ハートフル」の敏腕マネージャーであった。常に本性を見せず、仕事に対しては冷徹な男。時に冷たく、時に温かく、上京したアキに寄り添い、本物の「アイドル」へと導いていく。
    ■プロデューサー 荒巻太一(あらまきたいち)・・・古田新太
    業界の大物プロデューサーにして、鈴鹿ひろ美も所属する芸能事務所「ハートフル」の社長。通称、太巻。上野に劇場を持ち、人気アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース(通称アメ女)」でヒットを飛ばす荒巻の次の狙いは、47都道府県の「地元アイドル」を集めて国民的アイドルグループ「GMT4 7」を作ること。そのため、全国にスカウトマンを派遣して日々情報を集めている。やがて、アキの将来を大きく左右することに・・・。
    ■アイドル仲間 入間しおり(いるましおり)・・・松岡茉優
    「GMT47」のリーダー。埼玉県出身で、もとは「NOオーシャン」という「地元アイドル」のメンバーだった。希望を胸に東京に来たが、「GMT4 7」のメンバーはなかなか揃わず、いつまでたっても「アメ女」の二軍扱い。事務所に内緒で路上ライブを企画するが、誰も足を止めず厳しい現実を知らされる。アキのよき理解者であり、やがて2人はよきライバルへとなっていく。


    ~故郷編 新たに決まった出演者~
    ■商工会長 今野あつし(こんのあつし)・・・菅原大吉
    今は寂れてしまった商店街でブティックを営む。妻は海女の弥生。そのせいか、奇抜なセンスの服ばかりを扱うようになってしまった。スナック「梨明日(りあす)」の常連で、町おこしメンバーの重鎮でもある。
    ■漁協事務員 花巻珠子(はなまきたまこ)・・・伊勢志摩
    北三陸の郷土料理「まめぶ」を広めるために旅立った安部(あんべ)に代わって漁協で働くことになった事務員。安部とは対照的に、全く物おじしない性格と歯に衣着せぬ物言いで、着任初日から漁協に君臨する。2児の母。
    ■アイドルおたく ヒビキ一郎(ひびきいちろう)・・・村杉蝉之介
    もともとは単なるユイの「追っかけ」だったが、アイドルに関する圧倒的な知識量を買われて、いつの間にか北鉄と観光協会のスーパーバイザーに。アキとユイを売り出す作戦を練るが、実はアキには全く興味がない。
    ■高校教師 磯野心平(いそのしんぺい)・・・皆川猿時
    北三陸高校潜水土木科の教師。編入してきたアキに、金属製のヘルメットを被って潜る伝統的な潜水法「南部もぐり」を教える。熱血漢で声も大きいが、訛りが強いので意味はよくわからない。口癖は「くぬやろ!(この野郎!)」。
    ■観光協会職員 栗原しおり(くりはらしおり)・・・安藤玉恵
    観光協会の紅一点。普段は黙々と仕事をこなす真面目な性格であるが、ミス北鉄コンテストに応募するなど、ときどき思い切った行動に出る。同じ職場の菅原やヒロシとも怪しい関係で、恋多き一面も。
    ■ユイの母 足立よしえ(あだちよしえ)・・・八木亜希子
    ユイとヒロシの母。仙台出身。短大を卒業後、岩手県のテレビ局でアナウンサーをしていた時、北三陸の名士・功に見初められて結婚した。典型的な良妻賢母タイプのように見えるが、とんでもない事態を招くことに…。


    鉄拳さんのアニメーション決定!


    ドラマの中に出てくるアニメーションを、鉄拳さんが担当!

    鉄拳(てっけん)
    profile ・・・お笑い芸人。素朴なタッチのパラパラ漫画が感動的だとネットで話題となり、代表作となった「振り子」は再生回数300万を超える大ヒットとなった。日本にとどまらず海外アーティストのPVやCMなどで活躍が続く。

    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/2512-a139c1e1