昼ドラ 白衣のなみだ『余命』 4/1スタート! - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 昼ドラマ » 昼ドラ 白衣のなみだ『余命』 4/1スタート!

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    昼ドラ 白衣のなみだ『余命』 4/1スタート!

    昼ドラ 白衣のなみだ
    第一部『余命』
     4/1(月)13:30~ スタート!
    公式サイト

    第一部『余命』 主演 女優・水野美紀
    49年目を迎えた昼ドラの新しい挑戦
    「1カ月×3シリーズ=65話」という新しい試み
    一つの病院を舞台に、時代を超えて繋がる”いのち”の物語――
    4月は「涙」、5月は「愛」、そして6月は・・・。

    どこよりも“いのち”が身近な“病院”を舞台に、医師・看護師・患者・家族…様々な人々の心を描き、人が生きることの尊さを問いかけていく。
    時代を超え、繋がっていく”いのちの物語”。
    それぞれの主演が描く、3部作のヒューマンストーリードラマ!!


    第一部『余命』 あらすじ
    1980年代の湘南の総合病院を舞台。30代中盤の女医・百田滴(水野美紀)を主人公に、地域医療に従事する医者としての成長と葛藤、そして、妊娠・出産・乳ガンと自らの身に降りかかる様々な出来事に、一人の働く女性としてどう向き合っていくのかを描く。大学病院に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが、大学病院で診てもらえない死を前にした患者のために働く医者であり続けたい・・・悩む主人公は、いつしか自らも患者という立場になり、改めて一人の医師として、女性として、はっきりと“いのち”と向き合っていくことになる。


    主な登場人物


    百田 滴(38歳)・・・水野 美紀 (第一部『余命』)
    総合病院の内科医。医者を目指したきっかけは、早くに母親を癌で亡くしたこと。父もすでに亡くなっている。
    必死で勉強して国家試験に合格し、研修医を始めた矢先(14年前・24歳の時)、乳がんを患い、右乳房を切除、現在も右乳房はない。その後、癌の再発を内心ひどく恐れて生きてきたが、ようやくここ数年は「もう大丈夫だろう」と思えるようになっている。
    医者の仕事以外はからっきしダメで、家のことは夫の良介に任せっきり。化粧っ気はなくオシャレにも興味がない。着るものは清潔でさえあればよく、無頓着なので、夫が選んでくれる。
    元々誰かに頼ることが苦手で一人でがむしゃらに頑張るタイプ。人に頼ってはいけないと、どこかで思い込んでいる。
    決して天才医師ではないが、仕事と患者に対する熱心さから、部長の信頼が厚い。「私と一緒に戦えますか?」が口癖で、よく患者に問いかけている。その診療姿勢は実直で誠実、患者への説明も丁寧で評判が良い。全ての病院から見放された末期の患者でも、年齢に関わらず、生きようとしている患者は積極的に受け入れる。1980年代、まだ癌告知が一般的ではない時代において、自身の乳がんの経験から、患者の治療のためにも告知はすべきという考えをもっている。

    百田良介・・・永井大 (第一部『余命』)
    百田滴の夫。カメラマンだが、ほぼ専業主夫。
    優しくて、のんびり温厚な性格。滴とは医学部の同級生。学生時代から付き合い、結婚して10年目になる。滴よりもずっと手先が器用で料理上手。家事や料理のことはとてもマメで、特に滴の健康を気づかって料理をしている。
    医者家系なので医学部に進学したが、滴とは対照的に、医者になることを熱心に目指しているわけでもなかった。小さい頃から写真を撮ることが好きだった良介は、自分はカメラマンとしての方がより多くの人を笑顔に出来るのでは、と思っていた。そんな悩んでいる時期に、良介の撮った子どもの笑顔の写真が、新人賞を受賞。結局、医者への道をあきらめ、カメラマンへの道を進む。だが、カメラマンとしての仕事は不安定で、今では時折、旅雑誌や週刊誌の風景写真の依頼がきて取材に行くくらい。滴の働く総合病院の小児科で子どもたちの写真を撮っている。
    滴のことをとても強い女性だと尊敬し、愛していて、主夫として滴を支えていく人生も別に悪くないと思っている。

    百田滴:水野美紀
    百田良介:永井大
    保井きり子:MEGUMI
    置田龍太郎:長谷川朝晴
    吉野晃三:辰巳琢郎
    安藤ミツ子:山本陽子
    他のみなさん


    白衣のなみだ 3シリーズ


    ◆第一部 『余命』 4月1日~4月26日(全4週・20話)
    【原作】    谷村志穂『余命』(新潮文庫刊)
    【脚本】    古林実夏 ほか
    【演出】    皆川智之 藤木靖之
    【プロデュース】服部宣之(東海テレビ)河角直樹(国際放映)

    ◆第二部 『慈命』 4月29日~5月31日(全5週・25話)
    【原案】    谷村志穂『余命』(新潮文庫刊)
    【脚本】    金谷祐子
    【演出】    奥村正彦 ほか
    【プロデュース】松本圭右(東海テレビ)河角直樹(国際放映)高江洲義貴(国際放映)

    ◆第三部 『(未定)』 6月3日~6月28日(全4週・20話)
    【原作】    谷村志穂『余命』(新潮文庫刊)
    【脚本】    未定
    【演出】    星田良子
    【プロデュース】服部宣之(東海テレビ)河角直樹(国際放映)小俣絵梨(国際放映)


    エンディングテーマ 河村隆一


    河村隆一の書き下ろし楽曲「七色」がエンディングテーマに!
    数々のヒットバラードを生んできた河村隆一のソロシングル通算19作目となる
    ニューシングル 「七色」(avex trax)
    作詞:河村隆一 / 作曲:葉山拓亮
    2013年5月29日(水)発売

    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/2540-357ea6bb