昼ドラ 「天国の恋」 10/28スタート! - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 昼ドラマ » 昼ドラ 「天国の恋」 10/28スタート!

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    昼ドラ 「天国の恋」 10/28スタート!

    昼ドラ『天国の恋』 フジテレビ・東海テレビ
    公式サイト
    ◇2013年10月28日スタート! 毎週月曜日~金曜日 午後1:30~

    40代の女性が、20代の年下男性との恋に溺れていく…
    母親か…女か…
    待つのは、天国か…地獄か…

    床嶋佳子が母親として、一人の女として葛藤しながらも、愛に真っすぐな女性を演じる。
    それは、40代女性の心に潜む“永遠の女”を体現すること。床嶋の新境地への挑戦だ。
    その床嶋を魅了する年下男性を演じるのは、
    甘いマスクと確かな演技力を併せ持つ内博貴と、演技力に定評のある高田翔。
    中島ワールドとも言われる愛憎の世界を、この3人が思い切り駆け抜けていく。

    天国の恋 概要
    この物語は、41才の一人の主婦が、本能に導かれるように二人の若い男と恋に落ち、一人の女性として愛に溺れていく姿と、自分が愛した人はみんな死んでしまう…という過去との苦悩、そして、分別のついた母親としての自分との葛藤を、圧倒的な世界観で描いていく物語。

    主人公・斎(床嶋佳子)は、古本屋の女房で14歳の一人娘を持つ主婦。夫・郷治(ダンカン)との関係は冷え切ったもので、娘の存在と惰性だけで関係が成立しているようなもの。

    しかしある日、斎が官能小説を万引きしようとした青年を捕まえたことから、過去の遺物となっていた自分の内にある“女”としての感情が沸々と湧きあがってくる。そして、勢いに流されるまま、その青年と関係を持ち、抑制していた自らの“女”の部分が再び熱く目覚めてきたことで知ることになる。その後、斎の前に、初恋相手の生まれ変わりともいえるような若い男・潮(内 博貴)が現れ、何十年かぶりに心の底から湧き上がる“愛”を感じるが、斎は、心の底から愛した人が必ずみんな不遇の死を遂げてしまうという暗い過去のトラウマを持っており…。


    キャスト


    埴生(はにゅう) 斎(いつき) ・・・ 床嶋佳子
    国友(くにとも) 聡(さとし) / 薦田(こもた) 潮(うしお) ・・・ 内 博貴
    志田(しだ) 元春(もとはる) ・・・ 高田 翔(ジャニーズJr.)

    海老原(えびはら) 朔子(さくこ) ・・・ 川上麻衣子

    浅妻(あさづま) 徳美(とくみ) ・・・ 毬谷友子
    海老原(えびはら) 瑞彦(みずひこ) ・・・ 松田賢二
    海老原(えびはら) 日菜子(ひなこ) ・・・ 小野真弓
    美波(みなみ)フォーブス ・・・ 中原果南
    江上(えがみ) 彩子(あやこ) ・・・ 北原佐和子
    海老原(えびはら) 多鶴子(たづこ) ・・・ 山口いづみ
                  ・
    埴生(はにゅう) 幹子(みきこ) ・・・ 丘 みつ子
    埴生(はにゅう) 郷治(ごうじ) ・・・ ダンカン
    長沢(ながさわ) 伊代(いよ) ・・・ 大河内奈々子(友情出演)

    長沢(ながさわ) 昌利(まさとし) ・・・ 石原良純
    薦田(こもた) 時夫(ときお) ・・・ 神保悟志
    海老原(えびはら) 邦英(くにひで) ・・・ 石田純一


    【原作・脚本】
    中島丈博   「真珠夫人」「牡丹と薔薇」「さくら心中」「赤い糸の女」他

    【演出】
    皆川智之   「牡丹と薔薇」「白衣のなみだ」「所轄刑事シリーズ」他
    藤木靖之   「真珠夫人」「牡丹と薔薇」「白衣のなみだ」他      
    最知由暁斗 「赤い糸の女」 

    【制作】
    東海テレビ
    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/3284-5d857d9c