中山美穂×堂本剛 「プラトニック」BSプレミアム 2014年5月スタート - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 2014年ドラマ » 中山美穂×堂本剛 「プラトニック」BSプレミアム 2014年5月スタート

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    中山美穂×堂本剛 「プラトニック」BSプレミアム 2014年5月スタート

    中山美穂・堂本剛 主演ドラマ 「プラトニック」 NHK BSプレミアムドラマ

    行き着く先は「至上の愛」か、それとも「悲劇的な死」か――NHK初の野島伸司ドラマ

    深夜。あるサイトを見つめる沙良の指先が、キーボードに触れる。
    ゛どうせ死ぬなら、娘に心臓をください゛

    ネットカフェ。青年の指先がゆっくりとキーボードを叩きだす。
    沙良、放心したように画面を見つめている。

    ゛僕のハートを差し上げます゛

    心臓疾患を抱える娘をもつシングルマザー・沙良絶望的な彼女の前に現れた、救世主のような謎の青年愛するときが、彼が死ぬとき、運命的なふたりの恋の結末は――

    脚本家・野島伸司が圧倒的な筆力で描く、渾身のラブストーリー


    <主題歌>
     ビリー・ジョエル「ストレンジャー」「オネスティ」

    ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル


    <キャスト>
    中山美穂(NHKドラマ初主演) ・・・望月沙良(41)
    心臓疾患の娘を抱えるシングルマザー。病室を出られない娘・沙莉の面倒を看るため、オーナーであるコンビニエンスストアの経営は人に任せ、病院と家を往復する毎日。「母親であること」を強く自分に課して生きている。

    堂本剛・・・青年
    沙良の前に現れた謎の男。名前も年齢も語らないまま、沙良と同居を始める。かつて家庭用品メーカーの研究開発職だったようで、その頃の知識をもとに、手製の香水を作るのが趣味。実は不治の病を患っている。

    スポンサード リンク

    吉田栄作・・・佐伯武彦(44)
    沙良の別れた夫で、沙莉の父親。大手不動産会社の営業本部長で、沙良の弟・和久の直接の上司でもある。同期で一番の出世頭。粗野な言動の直情型に見えるが、実は繊細で愛情深い。沙良のことを、まだ愛している。

    小泉孝太郎・・・望月和久(36)
    沙良の弟。不動産会社のサラリーマンで、沙良の別れた夫・佐伯の直属の部下。家庭持ちだが、妻と不和で家に居づらいようで、たびたび沙良の家を訪れる。長く姉弟だけで暮らしていたため、姉が大好きで頼りきっている。

    永野芽郁・・・望月沙莉(14)
    沙良の一人娘。先天性の重い心臓疾患があり、生まれてからほぼ一度も病院を出たことがない。心臓移植を受けなければ、あと数年の命と告げられている。読書が好きで、周囲の人物を物語の登場人物に当てはめて遊ぶ。
     
    西原純・・・臼井達生(50)
    沙良がオーナーであるコンビニエンスストアの実務を任されている、店長格のアルバイト。未だ独身で、沙良に恋心を抱いている。

    前田公輝・・・広末省吾(21)
    沙良のコンビニエンスストアに最近入ったアルバイト店員。手を握った相手の近未来が見えるという、不思議な力を持っている。

    .野村麻純・・・都築美和(21)
    青年に万引きを見逃されて以来、たびたびコンビニエンスストアに現れ、何かと青年に絡んでくる女。心の闇を抱えているようだ。

    青山倫子・・・高田蓉子(38)
    沙良の別れた夫・佐伯の恋人。小料理屋の女将。佐伯との密会現場を沙良に見られたことが、夫婦が離婚する直接の原因となったのだが...。

    尾藤イサオ・・・テツ(72)
    青年と顔見知りのホームレスの老人。青年はたびたび彼の青テントを訪れ、店で売れ残った弁当を差し入れ、人生や死生観について語り合う。その経歴は不明だが、青年曰く、テツは「人として品格がある」。

    尾美としのり・・・倉田敦司(53)
    沙良の娘・沙莉の主治医である心臓外科医。先天性心疾患の世界的権威で、ボストンの大学に籍を置いたまま、日本で8年にわたって沙莉の担当を続けている。沙良から重大な「密約」を負わされる。

    加賀まりこ・・・油井雅子(73)
    沙良の伯母。母とは疎遠だった沙良にとって、何でも話せる、心強い存在。コンビニエンスストアも、元は雅子と夫が経営していた酒屋だった。現在は介護付き老人ホームに入居し、悠々自適の暮らし。社交ダンスが趣味。


    <作>
     野島伸司(NHK初執筆) ※オリジナル作品

    <放送予定>
    『プラトニック』BSプレミアムドラマ NHK
     2014年5月25日(日)スタート
     BSプレミアム 毎週日曜 午後10時~ 《49分・連続8回》


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4202-49d220f2