武井咲 ・真矢みき「ゼロの真実~監察医・松本真央~」 2014年7月スタート - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 2014年ドラマ » 武井咲 ・真矢みき「ゼロの真実~監察医・松本真央~」 2014年7月スタート

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    武井咲 ・真矢みき「ゼロの真実~監察医・松本真央~」 2014年7月スタート

    武井咲 「ゼロの真実~監察医・松本真央~」木曜ドラマ
    公式サイト
    IQ150の頭脳を持つ超人的な監察医に武井咲が挑む!本格監察医ドラマ

    『監察医務院』という、通常生きている人間には縁のない特殊な職場を舞台に、人気脚本家の大石静氏が書き下ろす、まったく新しいドラマが誕生。
    連日、運び込まれる死因不明の遺体に立ち向かうのは、初めての医師役に挑戦する武井咲。
    大石静氏と『お天気お姉さん』以来のタッグを組み、“死”を見つめる謎多き白衣のヒロインを演じる!



    “私が生まれて初めて出会った家族は、すでに遺体となった母でした―”

    武井が演じる主人公の松本真央は、中央監察医務院の新任監察医。IQ150を誇る天才だが、天涯孤独で組織や人間関係にはまるで頓着せず、異性にも、食べ物にも、オシャレにも興味なし。友人は一人もなく、唯一興味を示すのは、死体の検案・解剖のみという変わりぶりで、彼女が見つめるのはただ一点、母親の死の解明。毎日、数多くの遺体と向き合いながら、真相究明へと突き進んでいく。
    さまざまな対立構造から、日本の法医学会の真実を描く!


    ゼロの真実~監察医・松本真央~ あらすじ
    中央監察医務院。新しく監察医に加わることになった松本真央(武井咲)は、10歳で渡米し、3年飛び級で法医学を学んだという才女。IQは150を超えるという。そんな常人離れした真央は、プロファイラーのような洞察力で、いきなり上司のプライベートをずけずけと分析するなど、たちまち一同を困惑させる。ただ一人、印田恭子をのぞいて...。

    着任初日、多数の解剖がなされ、慌ただしく一日が過ぎようとしていた夕方、死因に納得できないという遺族が押し掛けてくる。遺体は、建設現場の足場から落ちたらしい中年男性。真央は、一日の疲れなど微塵も見せることなく、とりつかれたように死因を調べ始める。すると、中年男性は、単純に足場から落ちて頭を打ったのではないことが判明。事件性が浮上する。


    ◇「ゼロの真実~監察医・松本真央~」 テレビ朝日系・木曜ドラマ
    2014年7月スタート 毎週木曜21:00~


    キャスト


    スポンサード リンク

    松本真央(まつもと・まお)(24)……………武井咲(たけい・えみ)
    中央監察医務院の新任監察医。天涯孤独で愛を知らない境遇と、IQ150という高い知能指数ゆえあらゆる物事を見抜くことができ、生きている人間に興味を持てない。異性にも、食べ物にも、オシャレにも興味はない。喜怒哀楽を持たない天才。友人もいない。


    屋敷一郎(やしき・いちろう)……………佐々木蔵之介(ささき・くらのすけ)
    警視庁捜査一課の刑事。大阪弁を話す。数々の事件を解決に導いた実績はあるが、その執拗さや、暴走を繰り返すことから、捜査一課の「嫌われ者」。組織の中で孤立している。ギャンブル好きで、いつも金に困っている。妻は、ギャンブル狂の屋敷に愛想を尽かして出て行った。以来独身。8年前、真央の母が死んだ時の事件も担当し、中央監察医務院の印田恭子の解剖にも立ち会った。


    泉澤郁夫(いずみさわ・いくお)……………生瀬勝久(なませ・かつひさ)
    中央監察医務院・部長監察医。権威主義で、組織の論理を大切にする古い日本人。上昇志向が強く、野心家。自分にタテをつかない部下たちには威張っている。部下の印田恭子は学生時代の恋人。現在は、専業主婦の妻に頭が上がらない恐妻家。一方、今も印田恭子には、割り切れない思いを抱いている。


    富田肇(とみた・はじめ)……………和田正人(わだ・まさと)
    警視庁捜査一課の若き刑事。屋敷と同じく大阪出身の青年で正義感に燃えている。アナーキーな生き方をする屋敷とコンビを組まされ、彼の直感は信じざるを得ないものの、お金にルーズでギャンブル狂であることは理解不能。


    保坂博(ほさか・ひろし)……………でんでん
    長年、下水道局で働いていたが、昨年、中央監察医務院に異動になり、死体の解剖の補佐や検案の補佐を務めている。最初は気持ちが悪かったが、今は、死者の声なき声を聴く仕事に大いなるやりがいを感じており、誰よりも生き生き仕事をしている。警察と衝突しがちな監察医達の愚痴聞き役、癒し役でもある。子供達は独立して、今は妻と二人暮らし。妻といるより、仕事場にいる方がずっと楽しい。


    岩松正彦(いわまつ・まさひこ)……………六角精児(ろっかく・せいじ)
    監察医。経験もあり、腕もいいが、典型的なサラリーマン体質。組織の論理をはみ出すヒロインや印田のことは理解できないし、理解できないものは嫌い。


    中山光則(なかやま・みつのり)……………尾美としのり(おみ・としのり)
    監察医。上司の顔色を見ながら、うまく立ち回る中間管理職。粘着質で、噂好き。中山も岩松同様、真央や印田といった
    横暴に振る舞う女たちに嫌悪感を持っている。


    児玉吉人(こだま・よしと)……………青柳翔(あおやぎ・しょう)
    監察医。監察医務院の法医のなかでは真央につぐ若手。不器用だが上司の誘いは断らず、先輩の意味不明なギャグにも調子をあわせ、なんとか組織に居場所を確保しようとしている。


    佃健太郎(つくだ・けんたろう)……………小松和重(こまつ・かずしげ)
    中央監察医務院の臨床検査技師。通称「技官」。都立病院の検査技師だったが、勤務先が合併統合で無くなり、人事異動で中央監察医務院に来た。生きている人のため、治療につながる検査をするのはやりがいがあったが、死者の検査をするのは虚しいと感じ、すっかり暗い人格になって、検査室に引きこもっている。


    秋山晴子(あきやま・はるこ)……………水沢エレナ(みずさわ・えれな)
    中央監察医務院の事務。真央と同世代だが、はるかに大人っぽい言動で、監察医のオジサンたちの眼にひるむことなく、マイペースを貫く。ある意味彼女も一匹狼の女。


    久米みどり(くめ・みどり)……………宮崎香蓮(みやざき・かれん)
    中央監察医務院の臨床検査技師。今時の“リケジョ”で非常に優秀。しかし、仕事に対してはクールな割り切りがあり、プライベートをおかしてまで遺体にのめり込む真央には共感できない。


    小杉貞夫(こすぎ・さだお)……………橋爪功(はしづめ・いさお)
    拘置所にいる死刑囚。真央の母が事故死した事件の真相を握る人物。服役中ながら、すべてを見通しているかのような言動で、塀の外の人間たちに混乱と恐怖を与えていく。


    印田恭子(いんでん・きょうこ)……………真矢みき(まや・みき)
    中央監察医務院で、なぜか院長よりも部長よりも存在感を放っているベテラン監察医。警察からも一目置かれている。真央とは正反対に喜怒哀楽の感情が激しく、多弁で欲望過多で現実的。自信家。独身。好きなものは「自由」と「金」。「権力」も「名誉」も役には立たないが、「金」は役に立つと言うのが持論で、車もマンションも服も、監察医の給料ではまかなえるはずのない贅沢なものを持っているため、大物政治家の女であるとか、裏社会と組んでダーティーなことをやっているとか、いろいろな噂がある。男の監察医達は、無愛想でかわいげのない真央を持て余しているが、恭子だけは真央を使いこなせているようにも見える。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4245-3975acdb