松雪泰子 『家族狩り』 重厚なサスペンスドラマ 2014年7月4日スタート - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 2014年ドラマ » 松雪泰子 『家族狩り』 重厚なサスペンスドラマ 2014年7月4日スタート

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    松雪泰子 『家族狩り』 重厚なサスペンスドラマ 2014年7月4日スタート

    松雪泰子 『家族狩り』 金曜ドラマ
    公式サイト

    松雪泰子主演!『家族狩り』が連続ドラマ化。
    直木賞作家・天童荒太氏の同名ベストセラー小説の初映像化。

    松雪は、アルツハイマー型認知症の父と、その介護に疲れた母と暮らし、何かにとり憑かれた様に仕事に打ち込む児童心理司・氷崎游子(ひざきゆうこ)役を演じる。
    游子を中心に、高校教師・巣藤浚介役に伊藤淳史、警部補・馬見原光毅役に遠藤憲一らが出演。
    とある一家心中事件を発端に、3つの家族を通じて「家族とは何か」を問いかける。
    重厚なサスペンスドラマに仕上げる。



    『悼む人』で直木賞を受賞した天童荒太の不朽の名作ミステリー『家族狩り』を映像化!!
    常に「人間とは何か」と作品を通して問い続けてきた天童荒太氏が、1995年に発表、1996年に山本周五郎賞を受賞し、文庫120万部ベストセラーの種子となった大作『家族狩り』。
    家族とは何か、生きるとはどういうことか、という根源的な問いに真正面から挑んだ長編小説は、多くの人に衝撃を与えた。
    そして2004年。
    天童氏は、書籍版(単行本)の文書を一行たりとも使わないという徹底ぶりで、この作品をあらゆる面において深化させた全五巻の文庫版『家族狩り』を発表。全面的に改稿した文庫版では人間の醜さ、悲しさ、気高さ、そのすべてを描いた。家族や社会に惑う群像たちをさらなる次元まで引き上げ、新たな使命を担う陰影ゆたかな人物を登場させ、より深くより高い物語を完成させた。


    <原作>
    高校教師・巣藤浚介は、恋人と家庭をつくることに強い抵抗を感じていた。馬見原光毅警部補は、ある母子との旅の終わりに、心の疼きを抱いた。児童相談センターに勤める氷崎游子は、虐待される女児に胸を痛めていた。女子高生による傷害事件が運命の出会いを生んだ。そして、悲劇によって結ばれた人びとは、奔流のなかで、それぞれの生に目覚めてゆく。人間の醜さ、哀しさ、気高さ──、そのすべてを描く、天童荒太の代表作。

     
    天童荒太 『家族狩り 第一部~第五部』(新潮文庫刊)






    <キャスト>
    氷崎游子……松雪泰子
    巣藤浚介……伊藤淳史
    鈴木渓徳……北山宏光
    冬島綾女……水野美紀
    石倉真弓……篠田麻里子
    椎村栄作……平岡祐太 
    清岡美歩……山口紗弥加
    氷崎清太郎……井上真樹夫
    馬見原佐和子……秋山菜津子 

    氷崎民子……浅田美代子
    山賀葉子……財前直見(友情出演)
    馬見原光毅……遠藤憲一




    ◇金曜ドラマ 『家族狩り』 TBS系
    2014年7月4日スタート 毎週金曜日よる10:00放送

    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4246-542cb16c