昼顔~平日午後3時の恋人たち~ あらすじ 第3話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ » 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ あらすじ 第3話

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    昼顔~平日午後3時の恋人たち~ あらすじ 第3話

    昼顔 第3話 あらすじ ネタバレ

    木曜劇場 昼顔~平日午後3時の恋人たち~
    フジテレビ 木22
    公式サイト

    昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 第3話 あらすじ

    紗和は、北野にキスしようとするが拒まれてしまい、激しい自己嫌悪に陥ります。
    降りしきる雨の中、ずぶ濡れになりながら帰宅します。

    夜ご飯の支度をするものの、手に付かず、ぼーっと。
    ゆで卵をくるくるまわし、それも片方が割れて白身が膨らんでいて。
    帰宅した夫・俊介が、作ったというハムスターの迷子チラシを紗和に見せます。
    紗和は苛立っている為か 
      「ハムスターを逃がした私へのあてつけなのか」
    北野に拒絶された苛立ちを俊介にぶつけ、奥の部屋へ立ちさります。

    同じころ利佳子は、肖像画を描いてもらうために加藤のアトリエを訪れていました。
    絵を描くので、服を脱ぐように指示されたものの、どうしても最後まで脱ぐことができない利佳子。
    加藤は、その場を立ち去ります。
    追いかける利佳子。

    そんな利佳子に  「自分は何しているかわかっているのか------
    俺が旦那に告げ口したらどうするつもりだ。----
    男をなめていると、そのうち痛い目にあうぞ---」 
    と言い放つちます。


    北野が家に帰ると、乃里子が居ました。
    理学部の記念講演会、准教授の就任記念をするからと、北野に来て欲しいと頼みます。
    なぜか北野は乃里子に距離をとるような行動をし落ち着きがありません。


    翌日、紗和のもとに利佳子から電話が入る。ベランダからお互いの近況を話し合う二人。
    利佳子も男に振られてしまったのだと。昨日は眠れなかったと。

    会って、話す二人。
    紗和は、
      「上手くいかなくてよかったのではないか、
      周囲にバレたら人生終わりですよ。引き返せてラッキーなんです」 と利佳子に告げます。

    それに対して利佳子は、
      「それは、バレなきゃいいってこと? だったら、ほんの少し行動に気を付ければ大丈夫よ-------
      私は引き返さない、私のことを見てくれる人が居ないなら、何の為に生きているのかわからないもの
      あなただって同じ気持ちのはずよ」と言い返します。

    紗和は、もう二度と北野にも会うつもりもない、と言ってパートへ行くと言い捨てて立ち去りました。
    心の中では、一皮むけば、背読の恋に憧れる、軽蔑すべき女なのだと。


    スポンサード リンク

    紗和がパートをしているスーパーで、七夕飾りの準備をしていました。

    従業員にも願い事を書いていいと言われ、智也は、利佳子が早く夫と別れるように、と短冊に願いを書くと、紗和にも何か書くように勧めました。紗和は幸せそうに見えないと。


    紗和がパートを終え帰るとき、雨が降っていました。智也は、傘を差し出し送ると、
    そして、さっき失礼なことを言ってごめんと、誤ります。
    二人で話しながら、なんでも思ったことを言える紗和。好きじゃないからなんでも言えると。
    するとそこに北野が現れ。
    智也は気づきます。あのときの先生だよね---。


    紗和のアパートへ俊介の母親がまた訪ねてきました。
    居なくなったハムスターの代わりを買ってきて 
      「こんにちは、新しい奥さんですよ」と言って、籠にいれました。
    今日もまた、ヤマイモ、レバニラと…と。

    紗和は、正直に胸のうちを語りはじめました。
      「お母さん、子供は無理かもしれません」
      「期待されているので、言えなかったんですけど、きっと孫は抱けないと思います」と。


    別の日、利佳子が紗和のパート先に七夕用の笹を買いに現れました。
    そこで、乃里子に会う利佳子と紗和。
    ひょんなことから、三家族でご飯を食べることに。
    そして、パート先を訪ねた北野は、智也と会い、打ち解ける仲に。


    加藤のもとを訪ねる利佳子。
    そして二人は------。

    紗和は北野を訪ね、お互い思っていることを言いあい、いい雰囲気に。


    ◇木曜劇場 「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 #3 フジテレビ
     2014年7月31日(木) 22時00分~22時54分 放送予定




    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4410-32781691