碧の海~LONG SUMMER~ あらすじ 第28話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 碧の海~LONG SUMMER~ » 碧の海~LONG SUMMER~ あらすじ 第28話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    碧の海~LONG SUMMER~ あらすじ 第28話

    碧の海 第28話 あらすじ ネタバレ

    碧の海~LONG SUMMER~
    昼ドラマ  フジ系・東海テレビ 公式サイト

    碧の海~LONG SUMMER~ 28話 あらすじ

    航太(徳山秀典)はついにDNA鑑定によって勲(板尾創路)と彩(米山実来)の父子関係の証拠を掴みます。
    彩は、勲(板尾創路)と美樹(遊井亮子)との間にできた娘でした。

    小館家への復讐の準備は整ったものの、航太の心は揺れています。





    舞(奥菜恵)のもとに彩が通うようになっていました。
    母・美樹(遊井亮子)の誕生日プレゼントをあげる為に、ステンドグラスのペンダントを作る為です。

    その姿に舞の中でも愛おしさが増していきます。



    そんな中、勲が、沖縄再開発に改めて乗り出すことを宣言します。
    計画では、航太や圭吾(尾形貴弘)の故郷・古宇利島にも手が入ることになります。
    勲のもつ醜い野望は、周りのみんなを翻弄します。

    相変わらず身勝手な横暴に苛立つ航太。

    一方、開発の話を知った舞は、何とかやめるよう父を説得しますが、勲は舞の言葉に聞く耳を持ちません。

    舞は、航太を訪ね、父のことを謝ります。

    すると航太は、故郷の島がどうなろうと構わないと言い、舞の前に、ある書類を広げると…

    それは勲と彩のDNA鑑定書でした。

    航太がそこまで調べていたことに驚愕する舞。



    碧の海 28話 俺と結婚しろ!



    「あの子を巻き込みたくなければ、俺と結婚しろ」

    その思惑は…

    なんと、小館を内側から食いつぶす為に、舞のもっている株の議決権を手に入れること!



    祥子(杉田かおる)が舞をランチに誘おうと、いきなり舞の会社へ出向きます。

    そこで、彩(米山実来)と出会ってしまうのです。

    軽く会釈をかわす二人ですが…。


    2014年8月6日(水) 放送予定


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4444-d8a21804