花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(151)吉平の葬儀 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(151)吉平の葬儀

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(151)吉平の葬儀

    NHK 朝ドラ 花子とアン 最終週 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第26週 (151) 「曲り角の先に」
    公式サイト

    2014年9月22日(月) 放送予定


    花子とアン 第26週 第151話 あらすじ

    吉平が亡くなりました。

    甲府の安東家に集まる家族や親しい人たち。

    吉平の葬儀で、花子やふじたちは、吉平の作った葡萄酒を弔いに飲んでいます。



    そこへ、正装した武がやってきました。

    武は、酒や沢山のごちそうを手に持ってきてくれました。

    いつも憎まれ口をたたき合う仲だった徳丸からの、

    思いがけない心遣いに感激する一同です。

    吉太郎と結婚した 醍醐も一緒になり、その場は和やかに進みます。


    夜になり、ふと寂しそうなふじの様子に気になる花子です。

    そんなふじに、東京で一緒にくらさないかと誘う花子です。

    東京に来て、自分のやりたいこと事をすればいいじゃないかと。

    しかし、ふじはやりたいことなんかない、自分の家はここだからと、

    その誘いを断るのでした。

    スポンサード リンク

    東京に戻った花子は、モンゴメリーの『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』続編を

    英治からプレゼントされます。

    今すぐにでも読みたい花子なのですが、スコット先生との約束を果たせていない花子は、

    その衝動を抑えます。

    そして、『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』の出版に奮闘するのでした。

    出版社を駆け回る花子です。

    どこの出版社も売れる見込みのある本を出版したがっていることもあり、

    まだ日本で無名だったモンゴメリーの作品は、相手にされませんでした。

    こんな素敵な夢のある話なのにと、残念がる花子です。

    こんなときにこそ…子供たちに読んでもらいと。


    当然、かよの店に戦災孤児の姉妹が警官に追われて逃げ込んできました。

    二人をとっさにかくまう、かよと花子です。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4484-463b0f05