碧の海~LONG SUMMER~ あらすじ 最終回 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 碧の海~LONG SUMMER~ » 碧の海~LONG SUMMER~ あらすじ 最終回

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    碧の海~LONG SUMMER~ あらすじ 最終回

    碧の海 第45話 最終回 あらすじ ネタバレ

    碧の海~LONG SUMMER~
    昼ドラマ  フジ系・東海テレビ 公式サイト

    碧の海~LONG SUMMER~ 45話 あらすじ

    沖縄の住人たちに、工事を続けると強気な対応をしている航太。

    周りからも、非難されます。

    舞は、 「長浜に5時」

    14年越しの航太との約束を果たそうと航太に手紙を書きます。

    そんな舞に対し、航太は実家の権利書を渡します。

    「しばらく...会えなくなる」と。

    そう告げて島を去っていく航太。

    その後ろ姿に一抹の不安を覚える舞です。

    東京に戻り、舞からもらった手紙を読み、最後まで、自分を信じ続けてくれた舞への思いがあふれ出してきます。

    そして、圭吾にある頼みごとを託します。

    スポンサード リンク

    その後、航太は、沖縄県議員による5000万円の収賄容疑で逮捕されてしまいます。

    急いで、航太のいる東京へ向かう舞です。

      「舞、いろいろありがとう、もう、俺のことは忘れてくれ」と、舞の前から去って行きます。

    航太は、これまで自分の行ってきた数々の過ちを償うつもりでした。

    自分で自分を売ったのです。



    圭吾は廖のところへ出向き、不正の会話をした録音データーを公表すると言います。

    そのかわり、沖縄開発から手をひいてくれと、廖にお願いするのです。

    その様子を見ていた麗華も一緒になって、お願いしてくれました。

    廖はあっさり、了承してくれたのです。



    舞は、沖縄へ引越し、航太を待つことにしました。

    そして、美樹と彩は晴雄を待つことにしました。



    -----------
    1年後、思い出の浜辺で一人待つ舞。

    聖子の弟俊彦は、司法試験に合格して、弁護士になりました。

    お祝いを皆でしています。

    そこで、圭吾と聖子は結婚をすることを発表したのです。

    そして、航太を心配するみんな。

    いつ戻ってくるのかと。

    また、小館の家を引越しすることになった勲と祥子。

    舞を心配しながらも、二人は、新たらしい一歩を友に歩き始めることになりました。

    晴雄もまた、美樹と彩のもとへ帰ることができました。喜びあう3人です。




    航太は、沖縄に戻ってきていました。

    ガラス職人となって…

    舞は、一人浜辺で待っています。

    航太が帰ってきますように。二人で海に潜れますように。

    と、お願いしている舞の前へ、航太が現れます。

    航太は、過去の過ちを語ります。

    どうしても捨てられないものがあった、それに、気づいて止まることができたと。

    航太:舞  『長浜に5時』
    舞      「約束」
    航太     「ここに全ての答えがあった」

    舞は、絶対約束を守ってくれると信じていた。だから寂しくなかったと言い、思い出のペンダントを航太にかけてあげるのでした。

    舞      「おかえりなさい。」
    航太     「ただいま。」

    見つめあう二人。

    二人は約束どおり、二人で海に潜りはしゃいでいます。



    別の日、浜辺で約束を誓いあいます。

    舞    「約束して。もう二度といなくならないで。どんなことがあっても、私の傍にいて。もう二度と一人にしないで」
    航太  「約束する。ずっとそばにいる」 「二度 離れない」

    ----キスをする二人。

    感動の最終回


    2014年8月29日(金) 放送


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4494-1da45ae8