花子とアン あらすじ ネタバレ 24週(141)甲府へ帰郷 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 24週(141)甲府へ帰郷

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    花子とアン あらすじ ネタバレ 24週(141)甲府へ帰郷

    NHK 朝ドラ 花子とアン 第141話 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第24週(141)「生きている証」
    公式サイト
    2014年9月10日(水) 放送予定

    花子とアン 第24週 第141話 あらすじ

    従軍記者になるために単身シンガポールに行っていた醍醐が帰国しました。

    久しぶりに会う醍醐ですが、様子がおかしく、醍醐の変わり果てた姿に花子は愕然とします。

    聡文堂の休業を報告に来た梶原から醍醐について聞かされる花子です。

    帰国する船上で米国の魚雷攻撃に遭い、恐ろしい体験をしたと。

    戦場を目の当たりにし、自分の目で見たあまりにもショッキングな出来事から

    大変辛い経験をしたと言います。

    そして、部屋に閉じこもり、心を閉ざしてしまっていると。



    食料事情が悪化し、今日食べるものに困る中、庭に生えている草を食べられるか吟味している花子。

    すると、花子の父、吉平が甲府から食料をかかえて村岡家にやってきました。

    その中に、葡萄酒がありました。

    なんと吉平は、葡萄酒作りを始めたそう。

    仕事も無く、食べるものも無い村岡家を心配して来てくれたんだろうと思う花子と英治です。

    しかし、本音は空襲の恐れがある東京から離れて、甲府に帰ってこないかというものでした。

    吉平の説得に応じた花子は、子供だけでも疎開させることに決めました。

    花子は、美里と姪の直子を連れて、久しぶりに故郷の甲府を訪れるのでした。



    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4504-84b54c80