聖女 あらすじ 第3話 ネタバレ プライド - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 聖女 » 聖女 あらすじ 第3話 ネタバレ プライド

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    聖女 あらすじ 第3話 ネタバレ プライド

    ドラマ10 聖女 第3話 あらすじ ネタバレ

    ドラマ10 『聖女』 
    NHK 火22
    2014年9月2日(火) 午後10時~10時48分放送【総合】
    再放送:2014年9月9日(火) 午前1時25分~2時13分放送予定[月曜深夜]【総合】
    公式サイト


    聖女 第3話 あらすじ 「プライド」

    肘井基子(広末涼子)のルーツを探しに北九州に行く、晴樹(永山絢斗)と黒坂(田畑智子)。

    基子の故郷を訪ね、彼女と母・雅恵(安藤玉恵)のことを調べます。

    基子が幼い頃に住んでいた家は、晴樹が想像するよりずっと、ぼろ家でした。

    さらに、当時はこの界隈は歓楽街であったと。

    お好み焼き屋と看板は出ているものの、見せかけだけの、いかがわしいお店でした。

    基子の母親もこの店で働いていたといいます。

    14歳のときに母親が亡くなって、親戚の家で一年間生活していたクリーニング屋に行くと、

    あんな恐ろしい女のこと思い出したくもないと、追い返される二人です。

    そこである男性に基子のことを聞くことができました。

    クリーニング屋の旦那が基子にこっそりお金を何度も渡していた。

    それが近所で噂になり、基子は別の親戚の家へと行ったと。

    基子は、お金に執着しプライドが以上に強いことがわかりました。

    子供時代から高校時代の関係者に話を聞きましたが、ひどい噂しか得られませんでした。


    スポンサード リンク


    教会を訪ねる晴樹。

    基子は中学生のとき、ちょくちょくここへ来ていたことが分かりました。

    最初は、神を信じられないと言っていた基子でしたが、次第に熱心になり神に祈るようになったと。

    その後、10年ぶりにここに来て、どこで道を間違ってしまったのでしょうと、涙を流していたと。

    教会で洗礼を受け、もうこの町には来ないと去っていったと神父から聞くことが出来ました。



    東京に戻った晴樹と黒坂は基子に面会します。

    実家の方に行ってほしくなかったと言う基子。

    嫌な思い出ばかりよ…と。

    そして、基子は自分から過去の生活を話し始めました。

    母親の仕事のことや辛かった思い出を…。



    東京に戻った晴樹は泉美(蓮佛美沙子)に会いますが、どこか上の空です。

    今回の裁判が終わるまで、結婚は無理だと言い、泉美と気まずくなります。



    所長の前原(岸部一徳)は厳しい裁判を覚悟したほうがよいと言い、

    基子の弁護のために、有利な情報が欲しい晴樹たちです。

    そこで、晴樹は昔、度々家庭教師の交代をしてもらっていたという女性を訪ねることにしました。



    殺人未遂事件の被害者・千倉(大谷亮介)の意識が戻りました。

       「まりあ…まりあ…」と、何度もまりあと呼ぶ千倉。

    ちょうど、前原は千倉を訪ねていたこともあり、急いで晴樹たちも駆けつけます。

      「彼女を助けて欲しい」
      「まりあは悪くない。」
      「妻と別れるから結婚してくれ---アパートで二人で暮らそうと」と言ったと言います。

    そして、基子はありがとうと言ってくれたと。

    基子は悪女ではない、聖女だと。

    千倉の証言により、基子は犯人でないと確信した3人です。



    晴樹は基子に会いに行きます。

    弁護士としてではなく来たと。

    自分が弁護士になれたのは、基子のおかげで、すべてが嘘ではなかったとお礼を言います。

    基子は、母親から聖女になりなさいと言われていたと。

    晴樹と一緒に居た時間だけ聖女になれていたと言うのです。

    そして、晴樹を愛していた、あなただけを愛していたと泣きながら言う基子。

    心がかよいあう春樹と基子です。


    ---------裁判が始まりました。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4505-9f6c4f50