花子とアン あらすじ ネタバレ 24週(142)花子ジフテリアに感染 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 24週(142)花子ジフテリアに感染

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    花子とアン あらすじ ネタバレ 24週(142)花子ジフテリアに感染

    NHK 朝ドラ 花子とアン 第142話 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第24週(142)「生きている証」
    公式サイト
    2014年9月11日(木) 放送予定


    花子とアン 第24週 第142話 あらすじ

    吉平の説得もあり、花子と一緒に甲府にやってきた娘の美里と姪の直子。

    甲府で疎開生活を始めました。

    甲府の生活にすぐに馴染む直子に対して、美里は田舎の暮らしに慣れることができません。

    一方の花子は、美里たちを置いて東京にひとり戻ってきました。


    すると、花子はジフテリアに感染し病床に伏すことになってしまったのです。

    花子が倒れたという知らせを受けた美里は、

    自分は甲府の生活に馴染めず元気ではないのに、

    病気の花子に心配かけさせないようにと、心もとない手紙を書くのです。



    無理をして頑張っている美里の悩みに気づいた朝市は、

    辛いなら学校に来なくて良いと言って、美里を励ますのでした。



    ジフテリアに感染した花子は、感染の恐れから

    二ヶ月部屋に閉じこもり、病床に伏せていました。

    少しずつ病状も良くなり回復しつつありました。


    そんなある日、ついに恐れていた空襲が東京で始まったのです。

    空襲警報が鳴り響き、危機がそこまで迫っていました。

    防空壕に逃げる花子とももです。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4507-6c0e5517