ほっとけない魔女たち あらすじ 5話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ほっとけない魔女たち » ほっとけない魔女たち あらすじ 5話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    ほっとけない魔女たち あらすじ 5話

    ほっとけない魔女たち 5話 あらすじ ネタバレ

    ほっとけない魔女たち 
    昼ドラマ 東海テレビ・フジテレビ
    2014年9月5日(金) 放送
    公式サイト

    ほっとけない魔女たち 5話 あらすじ

    ついに立ち上がったシスターズ!

    今日がミッションクライマックスです。

    いよいよ料理のガチンコ勝負が始まろうとしていたとき、マモルが倒れてしまったのです。

    夏江は、このミッションを中止すると春子に連絡をします。

    マモルに無理をさせていたことを反省し、ミッションを諦めようとしました。

    すると、マモルは中止にしない勝負を続けると言いました。


    「アマルコルド」と「カンツォーネ」の料理対決のネット中継がはじまりました。

    両店のメンバーが紹介され、司会は坂本昌行。

    本当の番組タイトル「ガチンコ味バトル・料理の達人」を宣言します。

    三兄弟は聞いていないとびっくりしますが、夏江の提案で、

    勝負に負けた方が店を閉めることになります。


    手際よく料理が仕上がる「アマルコルド」に対し、「カンツォーネ」はあたふたし連携が上手くいきません。

    そして、見事「アマルコルド」が勝利しました。

    勝負に負けたほうが店を閉めると約束を交わしたとおり、「カンツォーネ」は店を閉めることを承諾しました。

    3兄弟は、きちんと夏江たちに謝罪をしました。

    夏江は、がっかり帰る「カンツォーネ」の3兄弟の後姿に、黙っていられず、

    前に試食した3兄弟が作った煮込み料理は美味しかったと告げるのです。

    そして、みんなにも食べさせてと。

    マモルや秋代、冬美もその煮込みを食べ納得します。美味しい煮込みだと。

    「アマルコルド」にはお客が戻って来てくれ、毎日忙しく切盛りする夏江とマモルです。

    その後、煮込み料理屋が「カンツォーネ」の跡地で開店するというチラシが。

    夏江は、この店はきっと美味しいと思うと、応援するのです。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4512-d3aa4363