花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(145)空襲 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(145)空襲

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(145)空襲

    NHK 朝ドラ 花子とアン 第145話 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第25週(145)「どんな朝でも美しい」
    公式サイト
    2014年9月15日(月) 放送予定


    花子とアン 第25週 第145話 あらすじ


    昭和20年4月。

    真夜中、激しい空襲が花子の住む大森の町を襲いました。

    アメリカ軍による焼夷弾が次々と落とされる中、花子は美里を連れて必死に逃げます。

    朝になり、、無事に村岡家へ戻ってこれた花子ですが、

    焼夷弾によって青凜社は全焼してしまい、花子はショックを受けます。

    しかし、英治や旭は無事で、安堵するのです。



    花子は、空襲の中、とても大事に抱えて逃げた『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』 の

    原書を感慨深く見つめます。

    そこへ、かよが呆然とした様子で現れました。

    かよの店が空襲で全焼してしまったのです。


    龍一が、東京への空襲が酷いと聞いて、心配して戻ってきました。

    おかえりなさいと、温かく迎える蓮子。

    そこで、純平が出征したことを始めて知る龍一です。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4514-a020c303