花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(146)昭和20年8月15日 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(146)昭和20年8月15日

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(146)昭和20年8月15日

    NHK 朝ドラ 花子とアン 第146話 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第25週(146)「どんな朝でも美しい」
    公式サイト
    2014年9月16日(火) 放送予定


    花子とアン 第25週 第146話 あらすじ

    アメリカ軍による空襲が幾度となく行なわれ、東京中が焼け野原となりました。

    そんな中、花子は必死に翻訳を続けるのでした。


    --昭和20年8月15日。

    花子たちや村岡家に身を寄せていた かよらと共に、一緒に玉音放送に聞き入ります。

    花子たちは、ラジオ放送によって、長く続いた戦争が終わったことを知りました。

    そして、日本の降伏が国民に公表されたのです。



    同じく宮本家でもラジオ放送を聞いていました。

    龍一は、黙っていましたが、蓮子は「純平が帰ってくる」とつぶやきます。


    純平の帰りを待つ蓮子ですが、

    届いた報せは悲しいものとなりました。

    純平が戦死してしまい、悲しみにくれます。

    ショックのあまり、蓮子の髪の毛は、一晩にして真っ白になってしまいました。


    花子は、ももから聞いた情報により、純平が亡くなったと知りました。

    いても立ってもいられず、花子は蓮子の元へ向かいます。

    --花子が蓮子に会うのは、7年前に決別して以来です。


    蓮子は、純平が死んだのは花子のせいだと言います。

    花子がラジオで日本中の子供たちに語りかけていたじゃないかと。

    「お国の為に命を捧げなさい」
    「あの子を返して! 純平を帰してちょうだい!」

    と、涙ながらに訴える蓮子。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4515-59ef270d