花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(147)蓮子の悲しみ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(147)蓮子の悲しみ

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(147)蓮子の悲しみ

    NHK 朝ドラ 花子とアン 第147話 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第25週(147)「どんな朝でも美しい」
    公式サイト
    2014年9月17日(水) 放送予定


    花子とアン 第25週 第147話 あらすじ

    長い戦争が終わり、純平の帰りを心待ちにしていた蓮子でしたが、

    純平が戦死してしまい、悲しみにくれます。

    純平の死を受け入れられない蓮子は、誰かのせいにしなければ

    気持ちに整理がつきませんでした。

    蓮子は、純平が死んだのは花子のせいだと言ってしまうのです。



    落ち込み帰宅する花子でしたが、家の前に吉太郎が立っていました。

    戦後の混乱の中、みんなと連絡が取れずにいたので、

    安否確認の為に吉太郎は回っていると言います。

    そして、なぜか黙ってしまいます。



    花子が防空ごうにしまっていた菓子を取りに行くき、

    戻って来るとすでに吉太郎の姿はありませんでした。

    闇市で偶然に吉太郎を見かけた醍醐は声をかけ、お互いの無事を喜ぶのですが、

    吉太郎の様子が浮かないことを心配する醍醐。

    醍醐が 「また、すぐにおめにかかれますよね」と声をかけると

    「どうか、幸せになってください」とだけ言って去っていく吉太郎でした。


    スポンサード リンク

    ある日、梶原がある若い男を連れて村岡家へやってきました。

    小鳩書房で児童文学の編集をしている小泉晴彦という男です。


    梶原は、世の中が落ち着いてきたら、出版業界もいっきに動き出すだろうということで、

    これから出版できる原稿をさがしているという、小泉を連れてきたといいます。

    なんと小泉は、子供の頃、にじいろのファンだったといいます。

    花子が翻訳した原稿をさっそく出版したいというのです。

    花子は、『ストー夫人』の翻訳原稿を見せました。

    さらに花子は、空襲の中、命がけで守り翻訳し終えたばかりの物語

    『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』の翻訳原稿を大事そうに見せるのでした。



    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4516-3306ab9d