花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(149)吉太郎の生き方 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(149)吉太郎の生き方

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    花子とアン あらすじ ネタバレ 25週(149)吉太郎の生き方

    NHK 朝ドラ 花子とアン 第149話 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第25週(149)「どんな朝でも美しい」
    公式サイト

    2014年9月19日(金) 放送予定

    花子とアン 第25週 第149話 あらすじ


    戦争が終わり世の中が平和へと願い突き進む中、

    吉平が倒れたと知らせをうけ急いで、花子やかよ、ももが里帰りしました。

    吉太郎とは連絡がとれずにいたので、英治に探してもらうようお願いをしていました。



    その頃の吉太郎は一人苦しんでいました。

    憲兵の仕事は全否定され、自分のこれまでの生き方に苦悩します。

    意気消沈して何も手に付かない吉太郎なのです。

    そんなとき、吉平が倒れたとの知らせを受けます。



    慌てて吉太郎も甲府を訪れ、突然やってきた吉太郎に驚く花子たちです。

    久しぶりに安東家の家族全員が揃います。

    何年かぶりに顔を会わせることになったふじや吉平。

    しかし、どこか浮かない様子の吉太郎の様子が気になり、吉平は心配するのでした。



    スポンサード リンク

    ひとり眠れず起きている吉太郎の元へ、吉平がやってきました。

    吉太郎の苦しい胸の内を聞く吉平。

    戦争に日本が負けたことで、自分が信じてやってきた憲兵の職業が世の中から全否定されます。

    逆らってまで、自分が正しいって信じてやってきた事が全部まちがってたような気がする。

    全部無駄だった、と。

    一人もがき苦しむ吉太郎に、言葉をかけてやる吉平。

    自分の力で一から切り開いたんだ、人生に無駄なことなんてないといってやります。

    選んだ道は間違っていない、と。

    そして、世間が何と言おうと、俺の誇りだ。これまでも、これからも、と言葉をかける吉平。



    翌朝、朝ごはんの支度をしていると、吉太郎が話があると言います。

    この家に置いてくれ、葡萄酒の造り方を教えてくれと頭を下げます。


    花子が帰り支度をしていると、朝市がやってきました。

    ラジオに出るか迷っていると言う花子に、朝一は声をかけてあげます。

    自分も同じ様に子供たちに、兵隊さんはすばらしい、立派だと言っていた。

    お国の為に命を捧げることは立派だと、毎日言っていた。

    申し訳なくて、後悔してもしきれない。

    だけど、償っていくしかない、自分にできることを一生懸命償っていくしか。

    花子が本当に話したかった話を話せば良いと言う、朝一です。

    話を聞いていた吉太郎も、人生に無駄なことは一個もないと吉平が言っていたよ、と励まします。

    勇気がでた花子です。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4520-989e66c1