花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(152)かよの決意とは - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花子とアン » 花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(152)かよの決意とは

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    花子とアン あらすじ ネタバレ 26週(152)かよの決意とは

    NHK 朝ドラ 花子とアン 最終週 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 花子とアン 
    第26週 (152) 「曲り角の先に」
    公式サイト

    2014年9月23日(火) 放送予定


    花子とアン 第26週 第152話 あらすじ


    ある日、警官に追われて逃げ込んできた、戦災孤児の姉妹がいました。

    二人をとっさにかくまう、かよと花子。

    名前を訪ねると、幸子と育子と名乗りました。

    お腹をすかせているのを見て可哀想になり、

    かよはおむすびを食べさせてあげるのです。



    数日が経ちました。

    村岡家で花子と英治が畑仕事をしているところへ、

    ももが慌てた様子で飛び込んできました。

    なんと、かよが 姉妹を引き取るつもりだと言うのです。


    その頃のかよは、闇市で商売をしていました。

    花子は闇市のかよの店に駆けつけ、かよに姉妹を引き取るという真意を問うのです。

    スポンサード リンク


    自分だけでも食べるがやっとなのに、二人の子供の面倒をみるのは大変だと言う花子ともも。

    しかし、かよは、これから先なにがおころうと、引き取る覚悟は出来ている。

    そして、それぞれ割り当てられた苦労をしないといけないと最近思うと言うのです。

    これまで自分の為だけに生きてきたから、今度はあの娘たちの為に何か役に立ちたい。

    ついに私の番が来たと言います。

    かよの決心は固く、花子とももは応援すると言うのでした。


    その日の夕方、龍一が村岡家へ訪ねてきました。

    蓮子の最近の様子を話します。

    今なお、純平を亡くした苦しみから抜けることが出来ず、

    暗いトンネルの中に居る蓮子。

    蓮子を立ち直らせることが出来るのは、花子だけ、

    蓮子に会ってほしいと、何度も頭を下げる龍一です。



    花子は意を決し、蓮子を訪ねました。

    長年の確執を越えて、再会を果たす二人。

    花子は、ラジオを通し子供たちを戦地に行くように、

    命を捧げなさいと駆り立てたことを詫びます。

    しかし蓮子もまた、自分も同じだといいます。

    時代の波に飲み込まれた、この子を守ってやれなかったと。

    苦しい蓮子の悲しみを聞く、花子。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4532-8e1a38b1