昼顔~平日午後3時の恋人たち~ あらすじ 最終回 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ » 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ あらすじ 最終回

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」61話(6/22) 第13週「スター発掘オーディション!」 Jun 16, 2020

    朝ドラ エール


    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」


    ・再放送「エール」第1回に戻って放送します!
    第01週/001回~005回/(06月29日~07月03日)「初めてのエール」

    スポンサード リンク

    昼顔~平日午後3時の恋人たち~ あらすじ 最終回

    昼顔 最終回 第11話 あらすじ ネタバレ

    木曜劇場 昼顔~平日午後3時の恋人たち~
    フジテレビ 木22
    公式サイト

    昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 最終話 第11話 あらすじ
     
    紗和は、貸別荘で北野の帰りを待っていました。
    けじめをつけるために、話に行く決心をした北野は、俊介や乃里子と会い話し合います。
    とりあえず自分たちの思いを伝えた北野。
    乃理子は、酒に酔い、部屋の中はぐちゃぐちゃに荒れています。
    飛び降りるまねをしたり、自殺をほのめかしたりしましたが、妊娠していない事は北野は分かっていました。
    妊娠なんか真っ赤な嘘と乃理子は言い、腕の怪我は生徒にやられたと打ち明けるのです。
    生徒の為に黙っていようと思ったと。
    さっさと行けよと乃理子は言い、北野はアパートを出て行ったのです。

    利佳子は、長女の真菜に最後の挨拶をしました。
    「家政婦ならおいてやってもいいけど」と言う真菜に対し、利佳子はごめんなさいと突き放すのでした。
    そんな様子を察し、陽菜は庭にあるプールへ飛び込みます。
    また風邪を引いて熱が出たら利佳子が帰って来るからと。
    「お母さん! お母さん!」と何度も泣き叫ぶ陽菜です。
    真菜は、そんな陽菜を一生懸命慰めるのでした。

    慶子は、俊介に離婚することを薦めます。
    「裏切られたことって忘れられないのよ」と。
    俊介は、母さんだって親父とやりなおしたじゃないかと言いますが、慶子は、俊介を育てる為だったからと言い、
    心の中では早く死ねば良いのにと思っていた打ち明けます。
    一つ屋根の下にいる人を恨み続けるのは辛いものよ。あんな思い俊介にはさせたくないと。

    紗和との約束どおり、貸し別荘へと戻ろうとしていると、
    北野の後をつけている車がいました。
    尾行に気がつかない北野。
    久しぶりに会う紗和と抱き合い布団の中に居ると、車の音で目が覚めます。

    その夜、紗和たちの元に、乃理子が雇った探偵会社の調査員とともに俊介や乃里子、
    慶子や乃理子の父らが現れたのでした。
    ふたりは無理矢理引き離され、連れ戻されてしまうのです。


    スポンサード リンク

    加藤がバルセロナから帰国しました。
    自分の名誉を取るのか、貧乏画家に戻るのか迷う加藤は、
    滝川の家へ行き、自分が盗作をしたと打ち明けます。
    滝川は、利佳子と別れたら、盗作のことはなんとかすると言います。
    すぐに返事のしない加藤に、「迷うの?」と、その様子を見ていた利佳子の娘・真菜と陽菜が詰め寄ります。
    「絵を盗んだだけじゃなく 私たちのお母さんまで捕ったんだよ!!」
    「だい嫌い!死んじゃえ!お母さんを返して!返して!」と、二人の叫び声が続くのでした。
    いたたまれない加藤です。

    笹本家は、いつものような生活に戻っていました。
    酒によって帰って来る俊介を介抱する美鈴。
    美鈴は、もう俊介のことはどうでもよくなったといいます。
    そして帰り際、「夫が居るくせに畑を荒らさないで下さい」と嫌味を言う美鈴です。

    北野家でも平穏な生活が戻ったように過ごしている北野と乃理子。
    そんな、笹本家と北野家は、弁護士を間に入れて話し合いをする事になりました。
    話し合いの結果、北野家も笹本家も離婚はしないことに。
    そして、二度と二人が会わないように、引越しをしたり仕事を辞めたりと誓いを立てます。
    合意書にサインをする北野。
    紗和とは、遊びだったから、本気な訳がない、清算できてスッキリしたと言う北野です。
    そんな紗和もまた、自分も昼顔妻に興味があっただけ、暇つぶしだった、刺激が欲しかっただけだと返します。
    絶対に会わない、会いたくないとサインをする紗和。
    心の中では、正反対のことを考えているのです。

    智也は、加藤との約束、利佳子を幸せにすると誓ったのに守られなかったと、加藤の所に怒鳴りに行きました。
    利佳子は、盗作の事も知っていて、それでも二人でやって生きたいと加藤に告げます。
    加藤は、利佳子とさよならする為に、ぎゅっと抱きしめ、キスをしようとしていると、智也がやって来ました。
    利佳子をドアの外へと追いし、智也と本気の殴り合いの喧嘩をします。
    病院に紗和が駆けつけ、加藤は、右手の神経を損傷し、絵筆が握れないかもしれない…と、智也から聞くのでした。
    そして加藤は、病院のベッドの中で、利佳子に「家に帰って母親に戻るんだ」と、さよならをするのでした。
    「お前が好きだよ」と。

    北野は、学校に行き、最後の別れを生徒たちに告げたいと申し出ました。
    生徒は、北野の言うことに耳を傾ける者はいませんでした。
    北野が面倒みていた啓太は、北野の言動を許すことができません。
    教室を出た北野は、自分の言いたかった事が言えなかったこともあり、
    放送室へと向かいます。
    そこへ、どうしても最後のさよならを言いたくて、学校の周りをうろうろする紗和がいます。
    校内放送で、愛について語る北野。
    「将来誰かを真剣に愛してください。誰かを愛すると見慣れた景色が変わってきます~いつか真剣に愛して欲しい」
    と、長々と話す北野の放送を涙を流しながら聴いている紗和。
    啓太もまた、北野の最後の言葉に耳を傾けます。
    北野の言葉は、啓太の心に響いたのでした。

    その日の夜、紗和は、北野との思い出の品のスニーカーの紐に火を点けました。
    会いたくても会えないその思いを断ち切りたくて。
    火は、俊介が消してくれ、ボヤで済みました。
    紗和は警察で、自分が放火したから捕まえて欲しいといいますが、法律では裁けないといわれてしまいます。
    刑にならない罪は、自分で償わなければいけないんですよと。
    悲壮な紗和を俊介は心配し、離婚しようと声をかけます。
    お互いの求めているものが違ったんだなと。

    紗和は、家を出て行く日が来ました。
    慶子は、紗和を許した訳じゃないと言いますが、紗和とのおしゃべりは楽しかったと涙ながらに伝え、紗和を憎みきれません。そう告げて、先にアパートを出て行った慶子。

    アパートのベランダで利佳子と携帯で話し合う紗和。
    利佳子は言います。「終わったのね、あなたの恋も。私の恋も。」
    さみしいけど、連絡をもう取らないと約束する二人。

    最後に、この恋で何か変わった?と利佳子に質問された紗和。
    すると、利佳子を呼ぶ声が聞こえ、(利佳子は、以前の日常に戻って平穏な生活をしているよう)
    元気でねっと、さよならをしたのでした。

    紗和は、一つだけあると心の中で言います。
    靴紐が結べるようになったと。(えっそれだけ?)

    北野も引越しの日です。
    トラックに荷物を積む北野と乃理子。
    乃理子は、「ごめんね」と北野に言います。
    そして、「今なら 私…」と言いかけると、向こうに着くのおそくなっちゃうよと、北野は話を遮りました。
    掃除をして向こうで待っていると言う乃理子です。

    加藤は、右手が使えなくなりました。左手で絵を描いています。
    通り過ぎた子どもにへたくそと言われますが、「くそがき」と追いかける加藤です。

    最後、紗和は荷物を引いて歩いていると、引越しトラックに乗った北野とすれ違う二人。

    --神様ごめんなさい。またいつか私はあなたを怒らせるかもしれません。
    と、紗和の心の声で終わるのでした。


    って、事はまた浮気・不倫するの?と思いましたが、紗和は離婚したので、どうなんでしょうか…。
    続編の話が出てきているみたいなので、気になるところですね。


    昼顔~平日午後3時の恋人たち~の最終回は、2014年9月25日(木) 22時00分~からです。
    ※最終回15分拡大放送


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4544-1404911d