さよなら私 あらすじ 第2話 認めたくない喜び - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » さよなら私 » さよなら私 あらすじ 第2話 認めたくない喜び

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    さよなら私 あらすじ 第2話 認めたくない喜び

    ドラマ10 さよなら私 第2話 あらすじ ネタバレ

    ドラマ10 『さよなら私』 
    NHK 火22
    2014年10月21日(火)  
    午後10時~10時48分放送【総合】連続9回
    再放送:2014年10月28日(火) 午前1時25分~ (月曜深夜)放送予定

    公式サイト

    さよなら私 第2話 あらすじ 「認めたくない喜び」


    友美(永作博美)と薫(石田ゆり子)は、心が入れ替わってしまいました。

    友美は薫に、薫は友美として、それぞれの生活をすることになります。

    家族にもつげず、二人だけの秘密にする二人は、

    互いの知らなかった秘密を思いがけなく知ることになります。


    友美は、最愛の息子・健人と会えずに憔悴するのですが、

    薫と浮気している夫の洋介(藤木直人)に、薫としてではありますが、

    久々に抱かれ喜びを感じてしまう自分がいます。

    いつもと違う薫の態度に気がつく洋介ですが、

    まさか二人が入れ替わっていると解るはずもなく…。


    互いに眠れない夜を過ごす友美と薫。

    友美は、自分の本当の家に帰ることが出来ず、恨めしそうに眺め、

    自宅前の路上で泣き崩れます。

    薫が家から出てきてくれ、互いの情報を交換しあいます。

    薫は、友美が洋介と久しぶりにした感想を尋ねると、

    スポンサード リンク

    友美は、薫とだと思って洋介はしているんだ、私がどんな気持ちでしたと思っているんだ!

    と、辛い胸の内を吐き出しました。

    そして、これからの生活の上での決まりごとを教えあうのでした。

    一方、薫は、友美の息子・健人の無垢な愛情に接することにより、

    今まで自分には無かった母性に目覚めていきます。


    そんな中、春子(佐藤仁美)にも問題が起こっていました。

    春子の夫・光雄(尾美としのり)の不倫相手・冬子(谷村美月)が、光雄を東京まで追いかけて来たのでした。

    スーツケースを引き、公園で光雄の帰りを待つ冬子。

    光雄は、冬子が自分を追いかけてきてくれた事が嬉しく、冬子を抱きしめます。

    どこかおかしい光雄の様子に、不信感を抱く春子。

    女の感で、光雄の不倫を疑い始めていたのです。

    友美と薫を呼び寄せ、光雄の浮気を相談する春子。


    ある日偶然、バーで居合わせた、洋介と光雄。

    お互い知らない者同士だからと、互いの浮気を打ち明けようと洋介に話をふる光雄。

    光雄は、もう会えないと思っていた冬美が、何もかも捨てて追いかけてきてくれたことに、

    困りながらも嬉しさの方が強く、冬美の気持ちに応えたいと、洋介に打ち明けます。


    数日が経ちました。

    いつまでこんな生活を続けなくてはならないのかと不安になる友美と薫。

    しかし、この入れ替わった生活を受け入れなければいけない二人なのでした。


    夏祭り。

    薫は、洋介と健人と3人でお祭りに行き、楽しい時間を過ごします。

    一方、友美は薫として会社で仕事をこなし、家に訪ねてくる洋介との関係を続けるのでした。


    キャスト


    永作博美 石田ゆり子 藤木直人 佐藤仁美 尾美としのり 
    りりィ 谷村美月 水田航生 高橋來 萩原みのり 秋月成美 南川ある


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4592-c3eec743