きょうは会社休みます。 あらすじ 第2話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » きょうは会社休みます。 » きょうは会社休みます。 あらすじ 第2話

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    きょうは会社休みます。 あらすじ 第2話

    きょうは会社休みます。 第2話 あらすじ ネタバレ

    きょうは会社休みます。
    日本テレビ 水22ドラマ
    2014年10月22日(水) 22時00分~23時00分

    公式サイト

    きょうは会社休みます。 第2話 あらすじ

    突然、田之倉から告白&キスをされた花笑。
    職場が同じなので、顔を合わせなくてはならず、挙動不審になってしまいます。


    告白の返事を迫る田之倉に、「保留」とハッキリとした答えを返さず、その場をしのぐ花笑。
    しかし、連絡先を交換したことで始まったメールのやりとりにいちいちドギマギする花笑です。


    そんなやりとりをする中、自分に自身が持てない花笑は、どうして田之倉が自分のことを好きと言うのかさっぱりわからないと、疑心暗鬼になります。
    さらには、「これは新手の催眠術では?」と田之倉を疑う有様。
    田之倉の真意を知りたい花笑です。


    そんな中、朝尾の会社と花笑の会社の懇親会が開かれました。
    パーティーの雰囲気に全く馴染めず浮いている花笑です。
    そこへ、田之倉から「ラーメンを食べに行きませんか?」と誘いのメールが来ました。


    花笑は、田之倉とラーメンを食べに行くのですが、お財布を忘れてしまった田之倉に対し、「お金目当てで近づいて来たのでは?」という花笑の妄想は膨らみます。

    スポンサード リンク

    ラーメンのおごりのお返しにと、田之倉がご飯に誘ってくれました。
    花笑の田之倉への妄想は、マイナスモードへ急降下。
    やってきた田之倉のズボンの後ろポケットの膨らみで財布orスマホが入っているのか?
    高そうなお店で、さらには、お品書きに金額が書いていない事もあり、お会計までハラハラが止まりません。
    結局は、田之倉がお会計をしてくれ、生まれて初めて家族以外の人におごって貰えたことが嬉しくてたまらない花笑。


    店を出る際、田之倉の知り合い、ひろ乃(古畑星夏)が現れます。
    田之倉と親しげに話すひろ乃。
    その夜、メールの返事が来ないだけで、田之倉とひろ乃の関係が心配になる花笑。
    夜も眠れず、これまた生まれて初めて一睡もできなかった花笑。
    田之倉の事を考えるだけで、自分のペースが保てず、仕事&生活がぐたぐたの花笑なのです。


    度々ちょっかいを出してくるCEO朝尾は、会社の中で唯一、花笑&田之倉の関係を知っている存在。
    花笑は、不安になったり、人を疑ったりペースを乱す自分に、心底嫌気がさしたと朝尾に打ち明けます。

    朝尾は、花笑のことを気にかけ、忠告してくれます。
      「傷つくのがそんなに怖い?傷つく事を恐れるよりも、変化できない自分を恐れるべきだね」
    どこかの詩人が言った?ような、かっこいい言葉をかける朝尾。
      「恋をするってそういうもんだよ!!」

    そんな朝尾の助言を聞いた花笑は、自分の考え方を改めたよう。

    テスト勉強で忙しかった田之倉からメールの返事がやっと来た花笑。
    友人の娘(幼稚園)の助言どおり、返事が欲しかったら疑問符で返事を返します。
    メールのやり取りに、一喜一憂し、幸せを感じる花笑。

    花笑は、恋をしているんだな~と、可愛らしい花笑です。
    メールのやり取りで、花笑は聞きます。
      「ラーメンを食べるとき眼鏡を外さない女性は嫌ですか?」

    田之倉からの返事は、
      「青石さんは青石さんです。隣でラーメンが食べられれば眼鏡はどっちでも良いです。」と。

    花笑の存在を理解してくれている田之倉の言葉に決心します。
    翌日。眼鏡を外して出社する花笑。


    田之倉に保留にしていた件、
      「よろしくお願いします」
    と、田之倉と付き合う事を決めた花笑。
    二人手をつなぎ、ラーメンを食べに出かけるのでした。

    <青石花笑 30歳 初めての彼氏ができる>


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4598-c76fc622