Nのために あらすじ 第2話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » Nのために » Nのために あらすじ 第2話

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    Nのために あらすじ 第2話

    Nのために あらすじ 第2話 ネタバレ

    金曜ドラマ『Nのために』
    TBSテレビ 金22 
    公式サイト

    Nのために  第2話 あらすじ 

    2000年青景島。
    朝日の見えるバルコニーで成瀬の前で宣言した希美は、野望を胸に秘めていました。
    誰にも頼らないで欲しい物は手に入れる、上を目指すと誓った希美は、
    東京の大学進学に向けて、新聞配達のバイトに励んでいます。
    奨学金制度でもなんでも貰って大学にいきたいと、強い信念を抱き、動き始める希美。

    新聞配達のバイト代をコツコツ貯金していた希美。
    東京の大学に行く為にと、毎日一生懸命家事やバイトなど一人で一心に生活を支えていた希美でしたが、母親の早苗は、勝手にカードを作り、高い洋服や化粧品を買いあさっていたのです。
    父親の晋に助けを求めに行く希美ですが、晋の態度はあまりにも冷たいものでした。
    支払いのせいで、貯めた貯金を涙ながらに引き出す希美。


    一方、両親が経営する料亭・さざなみが閉店することになった成瀬。
    成瀬の母親が島を出て行きました。
    成瀬もまた、高校を卒業したら島を出て、奨学金でもなんでももらって外の大学に行くと言います。


    そんな中、早苗が「家に帰りたい」と泣き叫ぶ日々を過ごすようになりました。
    次第に追い込まれた希美は、父・晋と由妃が暮らすあの家が無くなってしまえば、全てがおさまると思い、ライターオイルやアウトドア用の燃料を買いに出掛けます。
    あの家があることで、胸が苦しくなる希美、全部無くなってしまえば…。


    夜、寝静まった時間。希美は、あの家の周りに燃料をまきはじめました。
    そんな時、希美の様子がおかしい事を気にしていた、成瀬がやって来たのでした。

    スポンサード リンク

      「全部燃えてしまえば楽になる…。こんなに辛いなら全部燃やしてしまいたい…。
      あんな家無くなればいい。あの家がなくなれば、お母さんも私も楽になる。」
    と、辛い胸中を語る希美。

      「燃やしてしまえば誰にもとられない、大事な場所を自分だけのものにできる。」
    と、希美の考えが分かると理解を示す成瀬です。

    料亭・さざなみの閉店の為に、明日引越しを予定していた成瀬。
    父親と二人で引越しの準備をしていた成瀬でしたが、父親・周平が買い物に出かけた後に火事が起こります。
    さざなみが燃え上がる中、家の中に周平が倒れている所を高野の妻・夏恵が助けに入り、火事に巻き込まれてしまいました。

    山の上の東屋で、一人奨学金制度の申請書を記載している希美は、火事に気がつき、急いでさざなみへ向かいます。
    すると、離れた所から呆然とさざなみを眺める成瀬の姿がありました。
    希美は、成瀬に近づき、そっと手を握るのでした。

    成瀬と希美は、さざなみの火事ついて、警察からいろいろ事情徴収をされます。放火の疑いが。
    成瀬が疑われているようです。
    希美は、二人の証言を警察が疑っていると察します。
    そして、成瀬を助ける為、二人の関係を終わらせようと決心します。

      「今までありがとう 今まで一緒にいてくれてありがとう いつも一緒にいてくれて嬉しかったけん」
    大粒の涙をたくさんこぼしながら去っていく希美。



    2014年。
    安藤望。 海外赴任から戻ってきました。

    出所したばかりの西崎を出迎えた高野は、
    さらに、事件の真相を聞き出そうと安藤の元を訪れるのでした。
    あの時何が起こったのか知らない、偶然居合わせただけだと言う安藤望。
    事件の何を調べているのかと気にする望。

    『すべてはNのために 大切な誰かのために 大切なN』
    僕にとってのNは、杉下希美だと言う、望。

    希美に望から連絡が入ります。会いたい、と。
    そのメールで、高野が事件の事を調べている事を知る希美。
    希美は突然、会社を辞めると言い出したのでした。


    ◇金曜ドラマ『Nのために』 TBSテレビ 金22
    2014年10月24日(金) 22時00分~22時54分 放送予定


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4603-1ca2cf1b