ほっとけない魔女たち あらすじ 37話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » ほっとけない魔女たち » ほっとけない魔女たち あらすじ 37話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    ほっとけない魔女たち あらすじ 37話

    ほっとけない魔女たち 37話 あらすじ ネタバレ

    ほっとけない魔女たち 
    昼ドラマ 東海テレビ・フジテレビ
    2014年10月22日(水) 放送
    公式サイト

    ほっとけない魔女たち 37話 あらすじ

    産業スパイ疑惑が勃発した藤田金物工芸。
    春子情報によると、ライバル会社は、藤田金物工芸を超える、極小の注射針の開発に着手した段階らしいとのこと。
    夏江たちは、どうにかして藤田金物工芸の役にたとうと、情報を寄せ合います。

    誰がどうして? みんなが誰かを疑う中、藤田金物工芸では、重苦しい空気に包まれていました。
    社内に産業スパイがいるのではないか、と疑心暗鬼になる従業員たち。

    相沢は、かねてから付き合っている同じ工場で働く女性に借金300万円あることがわかります。
    そのこともあり相沢が疑われ、工場に居ずらくなります。

    冬美は、産業スパイについての情報を追っていました。
    そこで、藤田金物工芸のライバル会社の担当者が浮上してきました。



    夫の浮気を疑う秋代。
    冬美に協力を仰ぎ、和也が店で若い女性と楽しげに会話しているところへ呼び出します。
    夫への怒りを募らせる秋代でしたが、冬美は、和也の後ろの席に座っている相沢を見て驚いてしまいます。

    相沢は、ライバル会社の担当者と一緒でした。
    まさかと疑う冬美でしたが、実は引抜を断っていただけだと安心する夏江。
    さらに、その後を追う冬美は、なんと!藤田社長の息子・勉が一緒だったことが分かりました。
    産業スパイは、勉だった?
    夏江たちは、勉を疑うのでした。

    一方、秋代の夫・和也の浮気疑惑ですが、秋代の結婚記念日のプレゼントを選んで貰っていただけだと分かります。
    秋代の早とちりだったのでした。


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4609-5bc8cce9