マッサン あらすじ ネタバレ 7週(38)英語のレッスン - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 7週(38)英語のレッスン

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 7週(38)英語のレッスン

    NHK 朝ドラ マッサン 第38話 ネタバレ あらすじ

    連続テレビ小説 マッサン 
    第7週(38)「触らぬ神に祟りなし」
    公式サイト

    マッサン 第7週 第38話 あらすじ

    初めての英語レッスンの日がやってきました。
    エリーは部屋に置かれてあるピアノを弾き、「ABCの歌」を歌いますが、
    幸子は口を開こうとしません。

    ピアノを弾くと、どうしても亡くなった母のことを思いだしてしまう幸子。
    部屋を飛び出してしまいました。


    エリーは、由紀子から野々村家の事情を聞きます。
    元々、野々村が由紀子を後妻にしようと思ったのは娘たちがよく懐いていたからでした。
    それが、結婚してからは幸子と妙に気まずくなってしまい、上手くいかない様。
    二人を愛しているし本当の母親になりたいと思っているのですが、
    野々村からは、このままの状況が続くようなら離縁しようと言われたそう。


    そんな中、エリーは、「人生は冒険だ。悔いなく生きろ」
    と教えてくれた亡き父のことを思い出します。

    幸子の気分を変えようと、取りあえず次のレッスンを亀山家で行いたいと、
    由紀子に頼み許可をもらいます。


    レッスンを受けにきた幸子にエリーは、自分が育った環境について話します。
    「長女なのだからしっかりしなさい」といつも母から言われていたこと。
    そして、父親を亡くした時とても悲しかったこと。

    自分自身の経験から幸子の気持ちがわかると言うエリー。
    すると幸子は、死んでしまった母親が悲しむから
    由紀子を「お母さん」とは呼べないと告白します。
    自分と似た境遇のエリーに、次第に心を開く幸子です。


    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK
     2014年11月11日(火)  放送予定


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4636-32c336fd