さよなら私 あらすじ 第5話 罪と罰 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » さよなら私 » さよなら私 あらすじ 第5話 罪と罰

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    さよなら私 あらすじ 第5話 罪と罰

    ドラマ10 さよなら私 第5話 あらすじ ネタバレ

    ドラマ10 『さよなら私』 
    NHK 火22
    公式サイト

    「あなたのこの体と、その中の私の心は死ぬのかもしれない。」

    友美(薫)から乳がんであることを打ち明けられた薫(友美)。

    薫(友美)は、自分の身代りになってしまう友美(薫)を気遣いますが、

    薫は「自分に下った天罰」だと言って運命を受け入れようとするのでした。



    どうすることも出来ないまま、街をさまよう友美でしたが、

    自分の実家にたどり着いてしまいました。

    母・弘子とは、折り合いが合わず、本心を語る事がなかった友美。

    そして弘子は、薫の事が好きではありませんでした。

    それが本当は娘の友美だとは知らずに、隠してきた心の内を明かします。

    それは、愛情ゆえに友美に厳しくしすぎた事への後悔でした。



    一方、毎晩帰りが遅い光雄。

    春子は、不倫相手の冬美のアパートへ偵察に行くのでした。

    冬子は、光雄に打ち明けます。

    奥さんが来たと…。


    覚悟を決めた薫は言います。
      「すべてを話して、洋介の奥さんになって」と。
      「健人君のママはあなたなんだから。」




    キャスト


    永作博美 石田ゆり子 
    藤木直人 佐藤仁美 尾美としのり 谷村美月 
    水田航生 高橋來 萩原みのり 秋月成美 南川ある


    ◇ドラマ10 『さよなら私』 第5話 「罪と罰」
    2014年11月11日(火)
    午後10時~10時48分放送【総合】連続9回
    再放送:2014年11月18日(火) 午前1時25分~ (月曜深夜)放送予定

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4639-c9de0b16